カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 痛み・出血がツラい搾乳トラブル「乳首裂傷」おっぱいのケア方法とは?

育児・子供の病気

痛み・出血がツラい搾乳トラブル「乳首裂傷」おっぱいのケア方法とは?

赤ちゃんが生まれ、頻繁に授乳が始まると、必ずといっていいほど乳首や乳房のトラブルがおこります。

 

そんな数あるトラブルの中で、出血をともなうほどの「乳首裂傷」について、原因とケア方法についてまとめました。

 

■原因は、授乳の仕方のまちがい?

とくに授乳に慣れていない初産のお母さんですと、乳首トラブルの原因は抱っこの仕方やおっぱいの含ませ方、授乳後のおっぱいの離し方が間違っていることに起因していることが多いです。

 

まずは正しい授乳を行いましょう。

赤ちゃんの口が大きく開いた瞬間に、乳首を乳輪部まで深く含ませ、赤ちゃんの唇をアヒルのように外側にめくれさせ飲ませます。

 

授乳が終わったら、指をそっと赤ちゃんの口に差し込み、口を開けさせそっと乳首を抜きます。

 

■正しい授乳をしていても、乳首裂傷が起こる?

上記のように正しい授乳を心がけていても、新生児のころは頻繁な授乳をしなければならないので、どうしても乳首にダメージが蓄積されてしまいます。

そして乳首が裂傷し出血する事も…。

 

出血してしまったら、市販されているピュアレーンやランシーノといった赤ちゃんが舐めても大丈夫な塗り薬を塗りましょう。

裂傷がひどい場合は、薬を塗ったあとに小さく切ったラップをかぶせて、浸透をよくします。

 

こうしたケアでも徐々に裂傷は治っていきますが、痛みや裂傷がひどく耐えられない場合は、産婦人科や皮膚科などで軟膏を処方してもらった方が早く治ります。

 

ただし、こうした処方薬は授乳時にはふき取ってから授乳しましょう。

 

■痛みがひどい場合は、いったん授乳はお休み

ケアをしていても乳頭裂傷がどうしてもひどく、授乳がつらい場合は、授乳をいったんお休みし、搾乳して哺乳瓶に入れた母乳を飲ませましょう。

 

裂傷を治すことを最優先に考えてください。

最初のうちは裂傷→お休みして治す→授乳再開後しばらくしてまた裂傷ということをくり返すと思います。

 

ですが、授乳期間が長くなるにつれ乳首の皮膚が強くなり、赤ちゃんも成長し口が大きくなります。

短時間で上手く母乳を飲めるようになりますので、徐々に裂傷しなくなります。

心配はいりません。

 

乳首裂傷というのは、たくさんのお母さんが経験してきたことです。

痛みをがまんせず、適切なケアを行いましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

【乳児の育児体験談】第3のおっぱい(副乳)ができました

離乳食が中々進まず、おっぱいばかり飲んでいたので、私の母乳の出のピークは7か...

授乳することで起こる、乳房の変化!

    完全母乳で育てたいけど、母乳を飲ませると、乳首が黒くなる!とか、乳輪...

トラブルの体験談

おっぱいが詰まりやすいものって・・・

3人娘を母乳で(現在は混合ですが)育てていますが、とにかく詰まりやすい私の乳。 参考までに詰ま...

侮れない乳腺炎。高熱と入院

「乳腺炎は痛いよ~」想像以上に辛いものでした・・。 3日間続く高熱、入院を経験。 もうかかりたく...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る