カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 8~12ヵ月 >
  5. 成長の落ち着きが見られる生後8ヶ月♪体の成長具合、離乳食中期、ハイハイ…知りたいことまとめ

育児・子供の病気

成長の落ち着きが見られる生後8ヶ月♪体の成長具合、離乳食中期、ハイハイ…知りたいことまとめ

赤ちゃん 

毎日めまぐるしく、月齢を数える度にぐんぐんと成長していた赤ちゃん。

8ヶ月を過ぎる頃には、若干その成長過程が落ち着くかもしれません。そんな赤ちゃんとの生活のポイントをまとめてみました!

 

■身長・体重があまり増えてないかも…?

8ヶ月頃の赤ちゃんの平均身長は、男の子で66〜75cm、女の子なら64〜73cm程と言われています。

体重なら男の子で7〜10kg、女の子なら6〜9kg程です。

毎月の月齢を数えるたび、ぐんぐんと大きくなっている!とつけていた成長曲線が、この頃緩やかになることがあります。

 

ママはふと心配になるかもしれませんが、この時期の赤ちゃんは動きが活発な割に身長や体重には大きな変化が見られないこともあります。

本人が元気にミルクや離乳食を食べ、遊んでいるのであれば問題ないでしょう。

劇的に食べる量が減った・体重が減った、など病的な要因が見られる場合には受診をお勧めします、

 

大きな個人差が出てきます。あまり気にしないで!

出生体重が大きく関係します。体重によってオムツのサイズも変わってきますから、他の子と比べてしまうと不安になることもあるでしょう。

ですが、我が子が我が子なりに考え、成長しているところですから、安心して見守ってあげてくださいね。

上記の通り本人のペースを守っているのであれば、「平均」はあくまでも参考程度に考えましょう。

 

■ハイハイがついにスタート!

一人でのおすわりがだいぶ上手になったな、なんて思っている間に、赤ちゃんはハイハイを始めてしまうかもしれません。

右手、左手、と前に出るようになってからは早いですよね。

腕の力の方が強く、前に進みたいのにずりずりと後退…なんていう赤ちゃんもいます!

徐々に手足の筋力のバランスがとれるようになり、前に進むようになるでしょう。

 

※誤飲に要注意です!

行動範囲が広がり、赤ちゃんの目につくものも自然に増えてきます。

ご存知の通り興味深々で様々なものに手を伸ばしては口に運んで確かめてみることの大好きな赤ちゃん。

ペットボトルの蓋サイズのものは、口の中にころんと入ってしまいます。飲み込んでしまっては大変です!

近くに小さなものがないか要チェックして、安心して遊べる環境を作ってあげましょう。

 

■離乳食も中期へ…中だるみしてしまうかも!?

10倍がゆやおいもなど、消化の良いものを柔らかく煮ただけの離乳食も、そろそろ次のステップへ!と2回食や種類豊富な離乳食に意気込んだママも多いはず。

手間暇をかけて作った離乳食、なぜか全然食べてくれなかったりしませんか?

次のポイントをチェックしてみましょう!

 

実は固くて食べづらかったのかも

これで大丈夫!とママが感じた柔らかさでも、ミルクや10倍がゆに慣れている赤ちゃんにとっては「固い」と感じ、吐き出してしまっているのかもしれません。

初めての食材などは特に、入念にすり潰したり、味を少し薄めてあげたりして、赤ちゃんの様子をみてみましょう。

まだまだミルクの栄養分で赤ちゃんは大きくなっていますから、あまり焦って先に進む必要はありません。

 

遊び足りずにお腹がすいていないのかも

ママ・パパは一日のリズムでお腹がすいてきますが、赤ちゃんは実はお腹がすいていないのかもしれません。

確かにハイハイなどが始まって動きが増えたように見えても、初期の頃の運動量はそんなに多いわけではありません。

お腹がすいていなかったり、まだまだママ・パパと遊びたい!という気持ちが勝っているのかもしれません。

あまりにも進まないな、と思う日には、思い切ってもう少し、赤ちゃんと遊んでみてくださいね。

 

好き・嫌いの始まりかも

赤ちゃんの味覚が発達すれば、当然「好きな味」と「嫌いな味」が出てきます。これも成長過程の1つなので、心配することはないのですが…。

かといって、「食べないからあげない」、「好きなものだけ与える」のではNGです!大きくなってからの偏食の原因になってしまいます。

他のものと混ぜてみたり、味を薄めてみたり、期間をおいてから再度チャレンジしてみましょう。

好き嫌いなくなんでも食べられるのが、もちろん理想型ですよ!

 

他の赤ちゃんを意識し始める頃

同じ月齢ほどの赤ちゃんの動きを目で追うようになるでしょう。

不思議そうに眺めてみたり、触ってみたくて手を伸ばしてみたり。ママ友がいるママさんはぜひ、赤ちゃん友達との時間を作ってあげてください。

 

ただ、力加減などはまだまだよくわかっていませんから、相手を叩いてしまったり、ぶつかってしまたり…。

赤ちゃんたちが近くにいる時はしっかり目を離さず見守ってあげましょう。

トラブルなどにならないよう、ママ同士のコミュニケーションも大切ですね。

 

ママとたくさん遊びたい!

自分で出来ることも増えてくる赤ちゃんは毎日がとっても楽しいはず。そんな中でもやっぱりママとの時間は一番楽しいんです。

0歳からでも読める、遊べる絵本を一緒に読んだり、音の出るおもちゃで遊んだり。授乳を続けているママは、肌のふれあいで赤ちゃんも安心です。

抱っこも大好きですから、たくさん遊んでぐっすり眠れるように、赤ちゃんの目をみて語りかけ、2人の時間を充実させてあげましょう!

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

8~12ヵ月の体験談

赤ちゃんは模様替えが嫌い?息子不機嫌の理由

間もなく1歳を迎える息子。安全のため行動可能エリアをベビーサークルで仕切っておりましたが、少し広げて...

生後11か月☆いろいろな技をマスターしてきました!

我が家の三女、ただいま11カ月! 色々とできることが増えてきて芸達者になってきました(笑)ぎこ...

カラダノートひろば

8~12ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る