カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 仕事 >
  5. つわりが重いけど、仕事は辞めるべき?続けるべき?迷っているあなたへのアドバイス

妊娠・出産

つわりが重いけど、仕事は辞めるべき?続けるべき?迷っているあなたへのアドバイス

待望の妊娠!うれしい気分もつかの間、すぐに襲ってくるつわりに体調不良。

ただでさえつらいのに、さらに仕事をしていたら…

仕事は辞められないし、何日も休むわけにいかない…

そんなワーキングマザーの妊婦さんは多いのではないでしょうか。

ここでは、つわりが重いけれど、仕事を辞めるべきか、続けるべきか、迷った時に見ていただきたいアドバイスをご紹介します。

 

辞められない・休めない…とにかく周囲に相談を!

仕事をしていると、妊娠したからと言って、すぐに辞めたり、つわりで辛いから数か月休む…なんてことはできませんよね。

起き上がるのも辛いのに、毎朝辛い体を押して出勤。母体にも赤ちゃんにも不健康なことですよね。

ですが、すぐに辞められなくても、休めなくても、とりあえず職場の上司と同僚には報告・相談をしてください!

 

経験者でないとなかなか理解を得られるものではないですが、事情を知っているだけで、立場は変わってきます。

また、あらかじめ報告しておくことで、自分が休んだ時の穴をどうやって埋めるか、上司は考えてくれるかもしれません。

 

辛い満員電車…座って出勤する工夫を!

におい、蒸し暑さ、閉塞感…ただでさえ辛い満員電車、つわり中は地獄でしかありませんよね。

つわり中はいつ体調が変化するかわかりません。極力座って出勤することが大事です。

とはいえ、優先座席の前でこれ見よがしにマタニティマークを見せつけることもできないし、他人に席を譲ってくださいともいえないですよね。

 

少し早く家を出て、各駅停車の電車に乗るか、始発駅まで戻ってみるなりして、座って出勤する工夫をしましょう。

また、上司にラッシュアワーを避けた時間帯に出勤できるよう相談することも有効かと思います。

 

仕事と自分の体調以外は適当に!

妊娠しながらの仕事は想像以上に体力的にも精神的にも疲れるものです。

家に帰れば、料理・洗濯・掃除などあらゆる家事があるかと思いますが、それは思い切って投げ出してしまいましょう!

料理は惣菜に頼ったり、洗濯や掃除は旦那様の協力を求めたり、とにかく、自分の体調を優先に、育児休暇に入るまでは少しでも快適に仕事ができるよう努めましょう。

 

ここまで、妊娠と仕事の両立についてアドバイスをまとめましたが、自分の体調が辛かったり、トラブルがあったりしたときは迷わず仕事を休むのが鉄則です。

赤ちゃんを守れるのは母である自分しかいません。そのことを忘れずに、妊娠生活を楽しみながら仕事をしましょう!

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

仕事に関する記事

妊娠中に職場で快適に仕事をするための下着選び

 お腹が大きくなってくる妊娠4か月頃には、「なんだか下着が窮屈になってきた」...

働く妊婦さんの服装~マタニティウェアor普段の服どっち?

お腹が大きくなってくる4か月頃になると、手持ちの服ではきつくなってくる人もい...

仕事の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

妊娠中のお仕事◇赤ちゃんを守る為に無理は禁物!

妊娠中のお仕事は無理せずゆっくりが鉄則です!会社への報告私は、海外に住んでいて、出産時には日本に帰国...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る