カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 夏到来!エアコン、テレビ…気になる電気代…節電でかしこく乗り切る方法

健康診断・健康管理

夏到来!エアコン、テレビ…気になる電気代…節電でかしこく乗り切る方法

夏になるとかさむのが電気代。

エアコンの消費が続き、さらには電気代の値上げも伴い、家計はピンチですよね。

そこで、今年は賢く節電をして電気代を少しでも浮かせませんか?

実はちょっとしたことで電気代を節約することができるのです。

今回はよく使うエアコン、テレビ、洗濯機、電子レンジ、ポットについて調べてみました。

 

電気代のかかる家電ベスト3

1位 エアコン

2位 冷蔵庫

3位 照明

 

やはり、一番電力の消費が激しいのがエアコンです。

節約するにはまずどの電化製品が電気を多く使うかきちんと把握しておく必要があります。

この3つをいかにして抑えるかがポイントになってきそうです。

他にも気になる電化製品をいくつか選んでみましたので参考にしてみてください。

では、それぞれの上手な節約方法についてみていきましょう。

 

エアコンの節約方法

温度設定は28°にする。

エアコンのフィルターは月に二回掃除をする。

ドアやふすまはしめて、部屋を冷やす範囲をせまくする

風向きは上に設定し、サーキュレーターで下の空気と上の空気を循環させる

室外機の周りをきれいにする

うちわや扇子を使う

タイマーをうまく使い、使用時間を短くする

 

照明の節電方法

人がいない部屋は電気を消す

二段階明るさの調整ができるなら一段階明るさを落とす

LED電球に変える

かさのほこりをこまめに掃除する

 

テレビの節約方法

省エネモードにする

主電源まで消すようにする

壁から5センチはなして設置する

番組表を使わないようにする

誰も見ていない時はこまめに消すようにする

 

冷蔵庫の節電方法

物をたくさん入れない

コの字に収納するようにする

開け閉めは素早く行う

冷蔵庫にカーテンを取り付ける

熱いものはきちんと冷ましてからしまう

吹き出し口にはあまりものを置かない

生肉や魚などはよく冷えている下段にしまうようにする。

定期的に掃除をする

 

その他の家電の節電方法

電子レンジは野菜の下処理(ゆでる)に使うとガスの節約に。

炊飯器は保温せず、冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存する

電気ポットは保温を避けて、魔法瓶を利用する

換気扇はつけっぱなしにしない

洗濯機はスピードコースでまとめ洗いを心がける

 

いかがでしたか。

少しの手間もチリと積もれば、大きな節電となります。

意外と知らず知らずのうちに電気を余計にくっていた…ということも多いはずです。

今年の夏こそ今一度身近でよく使う電化製品の使い方を見直し、家族全員で節電を心がけていきたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏に関する記事

免疫力アップのカギは腸にあり!腸を弱らせてしまう意外な夏の習慣とは?

夏疲れで体の免疫力は低下しがちです。免疫力を上げるカギ、実は腸が握っています。...

細かいところもチェック!エアコンでの節電に欠かせない室外機メンテナンス♪

夏の消費電力の半分はエアコンによるもの、とも言われており、夏場の節電にはエアコ...


夏の車の運転はまぶしい!そのまぶしさには普通のサングラスではなく、偏光レンズがおススメ

  日差しの強い夏場での車の運転というのは、日差しのまぶしさから困難を感じる人も...

夏の疲労回復に有効な『補中益気湯』とは?~慢性疲労症候群(CFS)の治療法から

夏は、暑さによって体力が奪われるだけでなく、室内外の気温差によって、自律神経が...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る