カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 自分ではなかなか気づかない…周囲の人が見てあげて!高齢者の夏バテ、なぜなりやすい?

介護・認知症

自分ではなかなか気づかない…周囲の人が見てあげて!高齢者の夏バテ、なぜなりやすい?

夏になると体がだるくなったり、食欲がなくなったりしませんか?

それは俗に言う夏バテというものです。

実は若者たちの夏バテよりも高齢者の夏バテの方が深刻化しやすいということをご存知でしょうか。

高齢者を夏バテから守るために、なぜ夏バテになりやすいのか、もし夏バテになってしまったらどうしたらよいのかを知って頂きたいと思います。

 

高齢者は夏バテに気がつかない

実は歳をとると暑さを感じにくくなります。

それは、暑さを感じる脳の働きが鈍くなってしまうためです。

そのため、真夏の暑い日にエアコンをかけずに部屋にこもっていても苦ではないのです。

むしろエアコンが苦手な高齢者は多いものです。決して我慢しているわけではありません。

そして、そのまま脱水症状になり熱中症が進んでいきます。最悪なケースであれば死にいたることもあります。

 

そうならないためにも、一緒に住んでいる家族の声かけや高齢者自身で注意するという意識が大切なのです。

 

高齢者の夏バテのサイン

もしも、おばあちゃんやおじいちゃんと一緒に住んでいるのであれば、夏場は特に目を配るようにしてあげてください。

高齢者は自分自身では気がつかなくても、深刻な夏バテになる前に私たちに向けて必ずサインをだします。

そのサインを見逃さないようにしましょう。

 

食欲がない

疲れていて元気がない

暑いのに厚着をしている

微熱がある 

下痢気味

むくみ 

立ちくらみ

 

なにかひとつでも気になることがあれば夏バテかもしれません。

いつもと様子がおかしければすぐに病院へ行きましょう。

 

もし、夏バテになってしまったら

高齢者の夏バテはいわゆる熱中症です。

ぐったりとしていて、気分が悪そうでしたらすぐに楽な姿勢をとらせます。

次に水分補給を行いますが、麦茶やイオン飲料水のようにミネラルの含まれているものをあたえます。

 

次にけいれんを起こした際ですが、激しくゆらしたり、衝撃をあたえないように安静にさせます。

けいれん中、のどに異物をつまらせないように顔を横向きにします。

また、体を冷やすためにアイスノンなどで脇の下や首の後ろを冷やします。

最後に意識がはっきりとしない場合は、すぐに救急車を呼びます。

 

いかがでしょうか。

高齢者の夏バテは放っておくと、とても危険です。

自分ではなかなか気がつきませんから周囲の人達が気づいてあげましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: ピヨピヨママさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏に関する記事

高齢者の夏バテ予防には栄養ドリンクがおすすめ!不足しがちな水分を補うポイントとは

夏になるとたくさん汗をかきます。高齢者も同じでたくさんの水分を不足しがちになっ...

高齢者の夏バテ解消方法!食欲がわいてくるレシピを紹介!

夏バテになるとどうしても、冷たいものや喉ごしのよいものを食べたくなりますよね。...


深刻化しやすい高齢者の夏バテを予防するために覚えておきたい対処法

夏になるとあまりの暑さに体がついていかなくなりますよね。 特に現代は、エアコン...

高齢者の夏バテに見られる症状は?いつ病院へ連れて行けばいいの?

高齢者にとって、夏バテや熱中症は死に至るかもしれない危険なものです。高齢者の夏...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る