カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 深刻化しやすい高齢者の夏バテを予防するために覚えておきたい対処法

介護・認知症

深刻化しやすい高齢者の夏バテを予防するために覚えておきたい対処法

夏になるとあまりの暑さに体がついていかなくなりますよね。

特に現代は、エアコンの普及により外気との温度差が激しく、夏バテになる人が増えています。

そんな中、高齢者の夏バテは深刻で、ニュースでも夏場の孤独死は後を絶ちません。

今回は高齢者の夏バテの原因と予防法をお伝えしていきます。

 

高齢者の夏バテはなぜ起きる?

若者に比べて高齢者の方が夏バテになりやすいとされています。果たしてそれはなぜでしょうか。理由は二つあります。

 

ひとつは体の中の細胞内の水分量がすくないため。

この水分量が少ないと汗の元の水分が少ないということなので汗をかきにくい、つまり体内に熱がこもりやすくなり、熱中症になりやすいということです。

 

ふたつめは体温調節機能が衰えてきているためです。実は若者にくらべ、約1時間もロスがあります。

そのため熱中症と気がつくのがおくれてしまうわけです。

 

夏バテにならないためには?

日頃からこまめに水分補給をしましょう。のどがかわいたなと感じてからでは遅いです。

またいっきにたくさんの水分をとってしまうと、胃に負担がかかり、食欲がなくなってしまいますから、必要な栄養をとれなくなります。

水分を取るときはこまめに少量ずつがポイントです。

 

生活リズムを整えて

高齢者に多いのがトイレの回数を減らしたいがために水分をとらない。また、冷たいものや甘いもの、食べやすいものばかり食べてしまうことです。

 

さらには寝苦しい夜はよく眠れないといった症状がでることがあります。これらはすべて自律神経の働きが弱まっていることが原因です。

そのため、室温は25℃ぐらいにたもちます。場合によってはエアコンもつけるようにします。

また、水分をこまめにとるようにし、食事は少量でも栄養を十分にとれるようなメニューを取り入れ規則正しい生活を心がけましょう。

 

いかがでしたか。

高齢者の夏バテは時として手遅れになってしまうこともあります。

そうなる前にこまめに水分補給をして猛暑から体を守りましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: ピヨピヨママさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

高齢者の夏バテ予防には栄養ドリンクがおすすめ!不足しがちな水分を補うポイントとは

夏になるとたくさん汗をかきます。高齢者も同じでたくさんの水分を不足しがちになっ...

高齢者の夏バテに見られる症状は?いつ病院へ連れて行けばいいの?

高齢者にとって、夏バテや熱中症は死に至るかもしれない危険なものです。高齢者の夏...


高齢者の「頑張らない」夏バテ予防法とは?体温調節機能の低下による不調

体力や、体の機能が若いころとは違う高齢者が夏バテを予防するためには、「無理を...

体力の低下や体温調節機能の衰えが原因?~高齢者の夏バテ~

  体力の低下や体温調節機能の衰えなどが、高齢者が夏バテを起こす原因です。それ...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る