カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 病院 >
  6. >
  7. 精神科で処方される薬はどんな種類がある?~セロトニンに関わる薬(抗うつ薬)

メンタル

精神科で処方される薬はどんな種類がある?~セロトニンに関わる薬(抗うつ薬)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬』『抗不安薬』『睡眠薬』)があります。その中のひとつ、抗うつ薬に関しての解説です。

 

セロトニンに関わる薬(抗うつ薬)

セロトニンは量が少なくなれば不安・うつなどを引き起こす脳内の神経伝達物質です。しかし、一方で脳のある部分では量が過剰になれば、逆に不安や不眠を引き起こすという性質も持っています。この精神症状に関わっているのが「セロトニン受容体」と呼ばれるものです。

 

セロトニン受容体(=5-HT受容体)は代表的なものに「1A」「1B」「2」「3」などがありますが、その中でも「2」の受容体は刺激されると「不安」を引き起こすという性質を持っています。

 

セロトニン受容体の例

■1A=刺激は抗不安作用、抗うつ作用(一般的に言われる「抗うつ作用」)

■1B=刺激で攻撃性が増す(抗うつ剤で攻撃性が増すのはこのため)

■2=刺激は逆に不安、不眠を喚起させる(古い抗うつ剤はここを「遮断」する。)

■3=刺激は悪心と消化器障害を起こす。

 

⇒SSRI・SNRIなどの抗うつ剤は、上記のような受容体を直接刺激・遮断するのではなく、全体的な脳のセロトニン流通量を増やし、間接的に細胞の反応性を高め受容体刺激を行っていると言われています。

 

代表的な薬は、以下の4つに分類されます。

 

4種類に分類される抗うつ剤

■三環系(トリプタノールなど)

あらゆる受容体に結合することから、効果は高いが副作用も強い。セロトニン・ノルアドレナリンの全体流通量を増やし、1A・2などの受容体へ直接働きかける(=1Aは「刺激」・2は「遮断」)。また、わずかにイオン系神経伝達物質の調整作用や抗炎症効果など、副次的な作用もあると言われる(=「効果に奥行きがある」)。

 

■四環系(ルジオミールなど)

あやゆる受容体に結合することから、効果は高いが副作用も強い(ただ副作用は三環系よりは弱い)。ノルアドレナリンのみの流通量を増やすが、1A・2受容体へ働きかけるため、鎮静作用も高い(特にルジオミール)。三環系と同じく「効果に奥行きがある」。

 

■SSRI(パキシルなど)

セロトニン流通量を増やし、間接的に1A・2などへの「刺激」作用を高める(「2刺激」による不安喚起は、服用後1週間に強く注意が必要)。また副次効果として神経新生作用があると言われる。鎮静効果は三環系に匹敵するが、効果に「奥行きがない」と言われる。

 

■SNRI(サインバルタなど)

セロトニン・ノルアドレナリン流通量を増やし、間接的に1A・2などへの「刺激」作用を高める。賦活効果が高く、より「三環系」に近い。ただ「効果に奥行きがない」と言われる。

 

最後に

医師によれば、「重度ではない単極性うつなど、それほど治療が困難ではない場合であっても、治療を長引かせれば難治性に移行する可能性がある」と述べられていることから、軽度であっても軽視せず早期に受診することが重要です。

 

(引用・参考ウェブサイト:管理薬剤師.com、kyupinの日記、もなかのさいちゅう)

 

 (photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

薬に関する記事

自分が飲む薬について知っていますか?薬物治療 SNRIについて

  SNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)はSSRIの次の世...

薬漬けにはならない!抗うつ薬だけに頼らない様々な治療方法

  うつ病の治療を受けたくても、その治療のイメージから薬漬けになるのが怖く...


SSRI「レクサプロ」と三環系抗うつ剤「アンプリット」、QT延長による心血管への影響は?

心電図において、心室の電気的興奮を表している波形が、通常よりも長く延長してし...

うつ病にどんな薬が使用されるの?

  うつ病は薬物治療が基本となることが多いです。   ・三環系/四環系抗うつ薬...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る