カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. その他 >
  6. 予定日を過ぎても生まれない…お迎え棒は本当に効果はある??

妊娠・出産

予定日を過ぎても生まれない…お迎え棒は本当に効果はある??

出産の予定日に赤ちゃんが生まれてくるとは当然限りません。

予定日を超えてから出産に至ることも当然あります。

ただ、少し過ぎるくらいならよいのですが、あまりに赤ちゃんが出てこないとそれはそれで問題です。

 

予定日を超えたときにパパとできること

出産予定日を過ぎたとき、あまりにも赤ちゃんが生まれてこないと入院して様子を見ることになります。

 

ただ、入院する前に(場合によっては入院してから)なんとか赤ちゃんが自然にでてくるように働きかけをします。

病院でするのは子宮口を広げる処置で、バルーンによって子宮口を広げたりします。

 

これと同じ考えでするのが「お迎え棒」です。

ちょっと生々しい名前ですが、要するにパパとのセックスによって子宮口を刺激し、陣痛を促進するということです。

 

お迎え棒をする意味

実際出産予定日を越した場合、病院でも子宮口を開く処置はしてくれるのですから、それでもよいのです。

むしろ病院でしてくれた方が何かと安心と言えるかもしれません。

しかし、子宮口を開く処置を経験した方の多くが言うのが「すごく痛い」という感想です。

 

前述のように子宮口の刺激には、バルーンを入れて子宮口を広げたりします。

いずれにせよ無理やり子宮口を広げるわけですから、かなりの痛みを伴うようです。

そんな痛い思いをするくらいなら、という意味でお迎え棒をするといった考え方もあります。

 

考え方はいろいろ、効果もいろいろ

お医者さん自身がお迎え棒を勧めてくることもあります。

しかしお医者さんによっては、妊娠中のセックス自体避けたほうが良いと考えていることもあります。

また、お迎え棒自体陣痛を促進する働きはないと考えている医師もいます。

 

また、お迎え棒をしたからと言って必ず陣痛が来るわけでもありません。

全く効果を感じなかった人もいれば、効果を感じている人もいます。

いずれにせよ、担当医の指示に沿って考え、やるやらないは自己責任でする必要があるでしょう。 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

痛みを乗り越えるために…陣痛が来たら心がけたい4箇条

「陣痛」と聞くと、分娩台に横になった妊婦さんが苦痛に耐えている姿が浮かびます...

陣痛は赤ちゃんが頑張っているサイン!陣痛の痛みを乗り切る方法

臨月に入った妊婦さんはもうすぐ赤ちゃんに会える喜びとともに、いつ陣痛が来るの...

その他の体験談

マタニティータクシー・陣痛タクシーの不安

先日の検診でもう一つ言われたのが、出産の際、または出産前に緊急入院などになった時のこどもの預け先の確...

お迎え棒して、朝におしるしが来た!陣痛が始まるためにやったこと

生まれた時はとにかくビックリしました。 実感がなくて、でも嬉しくて本当に感動しました。陣痛が始まる...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る