カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 基礎知識 >
  4. 光で体内時計を調節!睡眠の基本となる1日のリズムについて

不眠・睡眠障害

光で体内時計を調節!睡眠の基本となる1日のリズムについて

睡眠の基本となる1日のリズムに欠かせないのが光です。
特に高照度の光を浴びると、体内時計の調節ができます。


時計を戻すか、進めるかは光を浴びる時間で決まります。

昼間に高照度の光を浴びる習慣のある人が
早朝に高照度の光を浴びると早寝・早起きになります。
逆に、夕方に高照度の光を浴びると遅寝・遅起きになります。

 

 

 

照度(明るさ)は2,500~1万ルクス必要です。
太陽の光は、晴れた日の屋外で10万ルクス、
屋内の窓際でも1万ルクスありますから、
体内時計の調節には十分です。


中には蛍光灯では?という方もいますが、
蛍光灯には紫外線が含まれています。
紫外線を直接目に入れるのは、危険ですので、
市販の光療法装置を試してみてはいかがでしょうか。

 

光を利用して、体内時計を正常に働かせましょう。
また、夜に強い光を浴びるのは体内時計を狂わせるので

避けましょう。

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/08/23-367787.php)

(Picture by 著者)

著者: jellyfishさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

寝ている間に見る夢の正体は?

寝ている間に面白い夢を見た、怖い夢を見たという経験は多くの人にあります。夢の正...

夜更かし・朝寝坊を意欲の低下と判断する前に知っておきたい病気!

多少なりとも、睡眠障害を経験した方は、昼間の眠気や朝寝坊を「やるきがない・緊張...


セロトニン・メラトニン(睡眠ホルモン)と睡眠障害の関係

  睡眠障害と関係のある物質が、セロトニン・メラトニンという脳内物質です。...

眠りと夢の関係

  一時期、夢占いに凝ったことがあります。まったくもって非科学的なものかという...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る