カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. 海藻 >
  7. ダイエットの定番食材「寒天」の効果的な取り入れ方!食べるなら○○の時

美容・ダイエット

ダイエットの定番食材「寒天」の効果的な取り入れ方!食べるなら○○の時

ダイエットをしようとして、まず一番に思いつくものってなんでしょうか?

多くの人にとって、まず思いつくことは「カロリーコントロール」ではないでしょうか。

 

摂取するカロリーを減らすことで、手っ取り早く痩せたいと考える人も多いはず。

そもそも、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば人は自然と痩せていくものなので、ダイエットにおいてカロリーコントロールとは、成功への一番の近道といえるでしょう。

 

しかし、単純にカロリーを抑えようと食べる量を減らせば、空腹感や反動によるリバウンドの危険性があります。

満腹感を得つつ、摂取カロリーを抑えるのが理想的なダイエットですが、それはなかなか難しいこと。

ここではそんな難しいダイエット成功に導く心強い味方、「寒天」についてまとめます。

 

寒天とは?

寒天は、ゼラチンと同じくゼリーなどの凝固剤に使われています。

しかしゼラチンが動物性のコラーゲンなどを原料とする一方、寒天はテングサなどの海藻を煮出して作られていて、そのおもな成分は食物繊維です。

 

またゼラチンが5グラムで20キロカロリーほどのカロリーがあるのに対し、寒天はほぼカロリーゼロ。脂質もほとんどありません。

 

寒天のもつ2種類の食物繊維

寒天には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類の食物繊維が含まれています。

ダイエットにいいとされる食物繊維ですが、それぞれどのようなはたらきがあるのでしょうか。

 

不溶性食物繊維

たっぷりの水分を吸収することで満腹感を得やすく、また便のかさを増してくれます。

腸の蠕動運動を活発にするはたらきもあるので、基礎代謝を上げる効果やデトックス効果が期待できます。

 

水溶性食物繊維

余分な糖や脂質の吸収を抑制・排出し、脂肪をつきにくくしてくれます。

腸の善玉菌を増やしてくれたり、肥満ホルモンといわれるインスリンの分泌を抑えるはたらきもあります。

 

寒天はいつ食べる?

寒天を食べるタイミングで一番オススメなのが、ズバリ「食前」です。

食物繊維の保水力によって満腹感を得られるうえ、脂質の吸収を抑える食物繊維のはたらきが最大限に発揮されます。

寒天を単品で食べるだけでなく、糸寒天をサラダに混ぜたり、ご飯に混ぜて炊くなどさまざまな応用が可能です。

 

普段の食生活に取り入れて効果的にダイエット!

比較的安価に手に入る食材なので、普段の食生活にもプラスしやすいのが寒天の魅力。

いつもの間食をジュース類を混ぜた寒天に変えたり、サラダやスープなどに混ぜて積極的に摂取しましょう。

 

ただし、食物繊維の大量摂取はお腹がゆるくなる可能性があるので、食べすぎには注意が必要です。

栄養バランスのよい食事に賢くプラスして、より効果的にダイエットに取り入れましょう。

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

海藻に関する記事

寒天を使って手軽にカロリーオフ!

食事のカロリーを減らしたいときや、便秘や肌荒れが気になるとき、ぜひ試して欲し...

海藻や大豆、干し野菜など…日本の伝統ダイエット食品「乾物」を見直しましょう!

ダイエットでカロリーを抑えたい人は、身近な乾物を見直してみませんか? 乾物...


寒天ダイエット

寒天の主原料はテングサなどの海藻で、寒天はカロリーがほとんどゼロです。 食べて...

カラダノートひろば

海藻の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る