カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 着替え >
  4. 失敗しないベビー服の選び方!季節によって違う服の選び方♪

育児

失敗しないベビー服の選び方!季節によって違う服の選び方♪

ぐんぐん大きくなっていく赤ちゃんの服は、成長にあわせて買い替えるのも一苦労。

月齢はもちろん、季節がずれると着せられないなんてこともありますよね。

せっかく用意したものを着せられなかった、なんて事態は避けたいものです。

そこで、失敗しないベビー服の選び方を、季節ごとに考えてみました。

 

春・秋のベビー服

季節の変わり目で寒暖の差が激しい、春と秋。

気温の差にあわせて、脱いだり着たりが簡単にできるようにしておくのがポイントです。

こまめに赤ちゃんの肌に触れて、体調を気にしながら調節しましょう。

基本は肌着12枚+ウエア。

新生児は、寝かせたまま着せ替えしやすい肌着を選ぶことが重要です。

おすわりやはいはいができるようになったら、長袖のボディにロンパースを重ねてもいいですね。

 

夏のベビー服

汗をたくさんかく夏は、こまめに服を取り替えてあげなくてはいけません。

そのため、着脱しやすいベビー服が一番です。

コンビ肌着やロンパース一枚で過ごすのがオススメですが、屋内外の温度差が激しいため、カーディガンを一枚用意しておくといいでしょう。

また、夏のベビー服は吸汗性のよい生地のものを選ぶようにします。

 

冬のベビー服

寒い冬はついついたくさん重ね着させがち。

ただし、赤ちゃんは新陳代謝が活発ですぐに汗をかくので、着せすぎは禁物です。

室内では12枚の肌着+ウエアを基本に、薄手の素材を重ねて保温性を維持しましょう。

体をすっぽり隠すカバーオールは、外出着としてもオススメです。

屋内外の温度差が激しいため、着脱で体温調節ができるようにしておきましょう。

また、足元は転倒防止のため、室内では素足で過ごします。

 

先取りして買いすぎない

赤ちゃんの成長は、驚くほど早いもの。

まだきていない季節のものを先取りして買いだめしておいても、いざその季節になったら着られない、なんてこともザラにあります。

特に夏物、冬物は要注意です。

一時期に買いだめてしまわず、赤ちゃんの成長に合わせ、その都度買い足しましょう。

 

季節を越えて着回しができるものを

七分丈やノースリーブなど、着方を変えることで着回しができるものは重宝します。

たとえば七分丈の場合、暑ければ袖をめくり、寒ければ一枚羽織って体温調節ができます。

ノースリーブは夏場に一枚で着るほか、それ以外の季節では肌着の代わりにもできるのでオススメです。

季節ごとにすべて買い揃えるのは大変なので、こういった工夫をしながら賢く着まわしていきたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

着替えに関する記事

乳児の着せ方の疑問を解明! 暑い日は紙おむつだけで過ごしてOK?

うだるような暑さが続く真夏の時期、赤ちゃんが汗だくになっていると紙おつ1枚で過...

寒いからと子供に厚着をさせ過ぎてはダメ!厚着の“弊害”

  「子どもは薄着がいい」とよく言われていますが、子どもに厚着をさせすぎて...

着替えの体験談

赤ちゃんの服、大きめを買いますか?

赤ちゃんは日に日に大きくなりますよね。 はじめのころなんて、すぐ生まれた時の倍の重さになったりして...

かわいい服をたくさん着せたい☆

私は白・黒・ストライプ・ボーダーが好きです。 服もインテリアもほとんどそうです。それに赤とピンクを...

カラダノートひろば

着替えの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る