カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. どう作る?一生に一度しか作れない、赤ちゃんの「誕生筆」の持つ意味

育児・子供の病気

どう作る?一生に一度しか作れない、赤ちゃんの「誕生筆」の持つ意味

赤ちゃんの「誕生筆」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

誕生筆や胎毛筆といった言葉に聞き覚えがなくても、「赤ちゃんの髪の毛で筆をつくる」という風習なら聞いたことがある、という人もいるかもしれません。

300年前に中国から伝わってきたとされるこの風習は、赤ちゃんの健やかな成長を祈願する、一生に一度の大イベントです。

ここではそんな誕生筆についてご説明します。

 

誕生筆の持つ意味とは

古来より日本では、髪の毛には生命力や想いが宿っているとして、さまざまな信仰や願掛けなどに髪の毛が用いられてきました。

赤ちゃんに髪の毛が生えてくるのは、妊娠5カ月ごろ。

お母さんのお腹の中で少しずつ伸び、赤ちゃんの体温を調節したり羊水の刺激から赤ちゃんを守ったり、命にかかわるはたらきをします。

そんな神秘的な赤ちゃんの髪の毛は、一度ハサミを入れてしまえばやわらかく繊細な毛先が失われてしまいます。

そのため、生まれたままの胎毛を手に入れるチャンスは一生に一度だけ。

そんな胎毛から作られた筆は、家族の思い出や記念にもなり、唯一無二の宝物となるのです。

 

さまざまな専門店から選ぶ

誕生筆を製作してくれるお店は数多くあります。

両親からのメッセージを軸に刻めるお店もあれば、最高級の軸で豪華絢爛な筆にしてくれるお店もあります。

誕生筆専門店のほか、書道具店や美容院でも取り扱っている場合があります。

軸の種類や付属品、予算などからお気に入りのお店を探しましょう。

 

どうやって作るの?

毛先が擦れて痛む前、生後6か月から1年ないし、2年程度が製作に向いている時期といわれています。

生まれて初めて切った髪の毛を使用するので、まず切る前にお店に詳細を確認しましょう。

使用する胎毛の束は約58センチ、太さは大人の親指ほどです。

一定の基準に長さや量が満たなくても、両親の毛を芯にしたり軸を変えたりなどの対応をしてくれるお店もあります。

癖毛の場合、そのまま自然の癖を残したり、まっすぐに加工したりとお店によって対応が異なるようです。

 

赤ちゃんの成長への祈りを形に残して

一生に一度しか手に入らない貴重な胎毛で、赤ちゃんの健やかな成長や、頭脳明晰、達筆などを祈願して製作する「誕生筆」。

昔から行われている風習ではありますが、現在でもママ雑誌などで特集が組まれるほど人気のイベントです。

記念の品として両親が飾るのはもちろん、節目のときにお子さんにプレゼントするのもいいですね。

赤ちゃんが生まれたときの感動や喜び、成長への祈りを筆という形に残すことで、家族の絆もよりいっそう深まるかもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

行事に関する記事

男の子の初節句は何をする?「ふるまう料理」「用意するお風呂」端午の節句の基礎知識

 男の子は5月5日の子どもの日に、端午の節句、女の子は3月3日に桃の節句というよ...

なにを贈ろう?「入園・入学祝い」お祝いを贈る側の対処法とは?

  親戚や友人・知人の子の入園・入学はおめでたいことですね! でも、そこで出てく...

行事の体験談

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

お祝いしよう♪ハーフバースデー

ハーフバースデーって知っていますか? 赤ちゃんの生後6ヶ月をお祝いするんです! 最近...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る