カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 「赤ちゃん連れ飛行機」気になる料金、耳抜き…機内でのストレスのない過ごし方

育児・子供の病気

「赤ちゃん連れ飛行機」気になる料金、耳抜き…機内でのストレスのない過ごし方

国内線の飛行機は、生後8日以上であれは、赤ちゃんを連れて搭乗することができます。

ただし赤ちゃんをつれての飛行機は、両親にとっても不安がいっぱい。

料金や受けられるサービスなどは航空会社によって異なるうえ、飛行機のなかではどうやって過ごしたらいいのか、疑問は尽きませんよね。

ここではそんな「赤ちゃん連れ飛行機」についてまとめてみました。

 

料金はどうなるの?

国内線の場合、3歳未満の乳幼児は大人のひざに乗せれば運賃は無料です。

赤ちゃんの座席を用意すると、大人の約50パーセントの小児運賃がかかります。

国際線の場合、席を使用しない場合でも、2歳未満の乳幼児には約10パーセントの幼児運賃がかかります。

座席を用意すると、大人運賃の約75パーセントの小児運賃がかかります。

ただし2歳未満の子どもにはチャイルドシートが必要になりますので、航空会社で借りられるのか、持ち込む場合はどういったタイプのものが持ち込み可能なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

 

うんちや授乳はどうしよう?

オムツ交換はトイレの、オムツ交換台がついた個室で行います。

ただしトイレはシートベルト着用サインが点灯しているうちは使用できませんので、気づいたら早め早めの交換を心がけましょう。

また、航空会社や便によってはオムツ交換台がない場合もありますので、その場合はトイレのふたの上で行います。

あらかじめ交換台の有無を確認しておくといいかもしれません。

 

授乳は席で行うので、授乳ケープなど目隠しになるものを持参しましょう。

忘れた場合には、機内で毛布が借りられます。

ミルクの場合は客室乗務員にお願いすれば作ってもらえるので、ミルクを用意して声をかけましょう。

 

赤ちゃんの耳抜きはどうする?

離着陸の際に飲み物を飲ませたり、1歳以上であればラムネを口に含ませるなどしてうまく耳抜きをしてあげましょう。

離着陸の際の授乳も効果的です。

おっぱいや哺乳瓶を吸うことで、耳抜きにもなり、気持ちも落ち着きます。

ただし飛行機が動き出してから離陸するまでにかなり時間がありますので、よく様子を見てタイミングを見計らうのがポイントです。

 

航空会社のサービスを最大限に利用し、ストレスのないフライトを

航空会社によって異なりますが、赤ちゃんを連れて飛行機に乗ると、客室乗務員がいろいろと気にかけてくれるほか、さまざまなサービスが受けられます。

航空会社によっては赤ちゃん用の水にふたとストローをつけてくれたり、搭乗時に早めに乗せてもらえたり、優先的に並びの席を確保してくれたり…。

 

利用前は不安いっぱいでも、一度航空会社に相談してみれば、たくさんのサポートが受けられることがわかって家族も安心できるはず。

受けられるサービスを最大限に利用し、赤ちゃんはもちろん、お父さんお母さんもストレスなく「赤ちゃん連れ飛行機」を楽しみたいですね。

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

0~3ヵ月に関する記事

「新生児」外出いつからできる?初めての外出はいつ?お出かけのOK・NGポイント

赤ちゃんとの外出はなにかと気を遣いますよね。とはいえ、ずっと赤ちゃんを外に出...

乳児1~3ヶ月お出かけ、雨の日でも一日一回はお散歩するべき?!

生後1ヶ月を過ぎたころから、少しずつ赤ちゃんのお散歩をはじめていきます。 散歩...

0~3ヵ月の体験談

どきどきの飛行機 ~生後2ヶ月編~

生後間もない赤ちゃんにとっては、室内に居ることが基本。 1ヶ月検診での移動は緊張するものでした。 ...

児童館ってどんなとこ?

1ヶ月検診のとき、保健師さんに「最近は、公園デビューではなく、"児童館デビュー"って言われてますよ」...

カラダノートひろば

0~3ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る