カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. クーラーの効かせすぎで夏バテになりやすくなる?子どもの夏バテの原因と夏バテ予防対策

育児・子供の病気

クーラーの効かせすぎで夏バテになりやすくなる?子どもの夏バテの原因と夏バテ予防対策

夏になり、気温が上がってくると、大人でも悩まされるのが「夏バテ」です。

子どもが夏バテしないよう、毎年さまざまな対策をとるご家庭も多いはず。

今回はそんな夏バテについて、子どもの場合に焦点を当ててまとめてみました。

夏バテのおもな症状

・体がだるい

・疲れやすい

・食欲がない

・睡眠不足

・イライラする、気分にムラがある

・発熱

・吐き気、嘔吐

・めまい、貧血

 

など、こういった症状に心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

夏バテの症状は人それぞれなので、全てに当てはまる必要はありません。

なんだかやる気が起きない、という場合でも立派な夏バテである場合があります。

ただし、発熱や吐き気がある場合、夏バテでなく別の病気である可能性も考えられるので、一概に夏バテと決めつけてしまわず、病院の指示を仰ぎましょう。

子どもの夏バテの原因とは

大人と比べて環境の変化に弱い子どもは、夏バテや熱中症になりやすいといわれています。

室内外の温度差も大きな原因のひとつです。

よくクーラーがきいた室内から急に屋外に出ると、体温が急激に上がって自律神経が乱れやすくなります。

そういった自律神経の乱れから吐き気などの症状につながることが多いのです。

また、冷たいものの食べ過ぎによって胃が冷え、消化する力が不足することで吐き気の原因になることもあります。

クーラーの設定温度を上げて、夏バテ予防

汗腺の機能が十分に発達していない子どもの場合、クーラーのよく効いた部屋では汗をかかずに済んでしまい、汗腺が機能を発揮できなくなってしまいます。

汗で体温調節ができないと体に熱が溜まり、自律神経の乱れからくる夏バテにつながります。

そのため、室内をクーラーで冷やし過ぎないことが重要です。

 

・室内外の温度差は最大10℃まで

・除湿機能や扇風機を活用して体感温度を下げる

 

など、設定温度を下げる以外の工夫をしましょう。

ビタミン、ミネラルを意識的に摂取

ビタミン、ミネラルの摂取は、夏バテの予防のみならず、夏バテになってしまったあとの解消方法としても非常に有効です。

ただし、ビタミンやミネラルは砂糖の分解に使われてしまうため、夏場は砂糖の過剰摂取は控えるようにしましょう。

アイスクリームなどの冷たいものをついつい食べてしまいがちですが、特に夏バテ中は水分を多めに与える程度にして、あまり食べさせないようにするのが大切です。

バランスのよい食事を心がけ、適度に汗をかかせて夏バテを乗り切りたいですね。

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

授乳中の悩みって?授乳の良さってなんだろう

  大好きな赤ちゃんとの授乳タイム。でも、乳腺炎や授乳中の痛みなど、悩みは尽きま...

パソコンは子供専用?親と共有?それぞれの注意点

子供がパソコンを使い始めた場合は、だいたいの場合親が使っているパソコンを使うの...

その他の体験談

夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ

出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。 しかしながら、育児書やweb...

赤ちゃんのスキンケア必要?不要?

退院してすぐから気になる赤ちゃんのスキンケア。 何もしなくていいという説、3歳までが大事という説。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る