カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 不妊症に悩む人が増加!妊活前に検査を受けるのも有益です

妊娠・出産

不妊症に悩む人が増加!妊活前に検査を受けるのも有益です

不妊症と聞くと、どうしても高齢の場合を思い浮かべてしまう人がいると思います。

年齢と共に妊娠、出産が大変になるというのは本当かもしれませんが、若くても不妊症の人はいます。

もしかしてと思ったら、検査をしてみましょう。

不妊症の定義

不妊症とは、普通に性生活を定期的にしていても2年以上子供が出来ない場合のことを指します。

妊娠する確率は、普通の性生活を送っていて1年以内で出来る確率は約80%、2年以内で約90%と言われています。

 

今は不妊症の人が昔に比べて多く、若くても高齢でも10人に1人位は不妊症であると言われています。

原因は女性にも男性にもありうるので、見極めるためには不妊症の検査が必要になります。

 

不妊症は若い人でもなる

不妊症の原因は様々ありますが、原因がはっきりとないことも沢山あります。

原因がないために治療が進まないといったことも中にはありますが、だいたいは検査、治療をしていくうえでいくつかの原因に分けられます。

 

女性の卵管障害や排卵障害

卵管や排卵の障害は、不妊の原因で多いと言われています。

精子とうまく出会うことができなかったり、排卵がきちんと起きていなかったりするものです。

他にも子宮に異常があり妊娠しづらい場合もあります。

 

精子の活動・数の問題

男性側ですと、精子の元気がなかったり数が少なかったりとありますが、これらは高齢だから起こる原因ではありません。

若くてもこのような原因はたくさんあります。

 

まだ若いから大丈夫と思っていても、もし2年以上子どもが出来ない時には、一度受診してみることをお勧めします。

 

妊活前に検査もお勧め

自分が不妊症かわからないけれど、子供が欲しいと思ってから2年は結構長く感じるものです。

そこで、もし子供が欲しいと思ったら、まずは婦人科で検査してみることをお勧めします。

 

簡単な検査を行うことで、妊娠に障害となるものがないか確認することができます。

若いから「まだいいや」ではなくて、欲しいと思うのであれば、ぜひ行動を起こしてください。

 

不妊症はイメージ的に高齢出産に多いような気がしますが、実際には高齢だから不妊症とは結びつきません。

若くても不妊症の人もいますし、高齢ですぐに子供が出来る人もいます。

自分ではなかなか判断しずらいものなので、病院に気軽に行ってみましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

妻の妊活…自分は無関係だと思っていませんか?夫が考えるべき・できること

結婚して子供がほしくなると、今では妊娠・出産に向けて妊活を行うカップルが増え...

妊活中でもお酒は飲みたい!飲んでもいいお酒の量・種類・時期まとめ

  妊活中とはいえ、付き合いだったり、ストレス発散、娯楽としてお酒を好む方...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る