カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 子宮・胎盤 >
  5. 最近増えてる!?妊娠糖尿病ってどんな病気?原因・症状・治療法について

妊娠・出産

最近増えてる!?妊娠糖尿病ってどんな病気?原因・症状・治療法について

妊婦さんなら耳にしたことがある、妊娠糖尿病。実は意外と深刻な病気なのです。原因・症状・治療についてご紹介いたします。

 

■妊娠糖尿病の原因

妊娠前から血糖値が高かったり、体重が重かったり、親兄弟に糖尿病罹患者がいたり、高齢出産という元々ハイリスクな妊婦だけでなく、正常な妊婦でも妊娠糖尿病にかかることがあります。

通常、体内では血液中のブドウ糖をエネルギーに変えてくれるインスリンが膵臓から分泌されます。

妊娠すると、インスリンの働きを抑えるホルモンが胎盤から分泌されるため、その結果、正常に血糖がエネルギーに変換されず、血糖値があがりやすくなります。

特に妊娠中期以降はその傾向が強くなり、妊娠後期は大量のインスリンが必要となるのですが、見合った量のインスリンが生成されないと、血糖値が上昇することとなります。

 

■妊娠糖尿病の症状

妊娠中に血糖値が高くなると、母体・胎児ともにさまざまな悪影響があります。母体においては、妊娠高血圧症や尿路感染症により早産のリスクが高まります。 

胎児においては、巨大児になったり、新生児低血糖が起きやすくなり、また最悪の場合、お腹の中胎児が死亡するという可能性もあります。

 

妊娠前から血糖値が高い場合には、妊娠しても流産しやすかったり、胎児に先天性奇形があるリスクも高くなります。

 

■妊娠糖尿病の治療

妊婦であると運動療法が難しいため、食事療法中心に行います。

特に、血糖が上がりやすくなる糖分を少なめに摂取し、バランスの良い食事が望まれます。

血糖が上がりやすくなるのは、ご飯やパンなどの炭水化物です。

また、お菓子だけではなく、果物にも果糖がたくさん含まれているので、摂取に注意が必要です。

 

血糖値が非常に高い場合にはインスリン投与が必要となってきます。

また、出産すると血糖値が正常に戻ることが多いのですが、妊娠糖尿病と診断された方は将来糖尿病になるリスクがあるので、定期的に血糖値をチェックし、早期発見を心掛けるようにしましょう。

 

最悪の場合、死産も…妊娠糖尿病と診断されたら、医師の指示・治療に従うことと、血糖値が上がりにくい料理や食事法を学びましょう。

妊娠時だけでなく、今後の健康にもきっと役に立つと思います。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

子宮・胎盤に関する記事

妊娠中に糖尿病になると赤ちゃんにも危険が及びます!

    「妊娠糖尿病」をご存知ですか? もし妊娠中に糖尿病になってしまったらお腹...

紀子様で話題になった「前置胎盤」これってどういう状態なの?妊婦・赤ちゃんにとってハイリスク…

  紀子様ご出産のときにメディアに取り上げられた「前置胎盤」。一時期はよく...

子宮・胎盤の体験談

前置胎盤の疑い?え、なにそれ?

前置胎盤って、私は産婦人科に行かなければきっと知ることができない情報だったと思います。 ちなみ...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

子宮・胎盤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る