カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 便秘 >
  5. 妊娠中の便秘…薬を使わないで便秘を解消するには食生活改善から!

妊娠・出産

妊娠中の便秘…薬を使わないで便秘を解消するには食生活改善から!

妊娠するとなりやすくなる便秘。なんと妊婦さんの7割近くは便秘に悩まされている、なんて調査もあるぐらいなんです。

ここでは、薬を使わずに妊婦さんの便秘を解消させる方法をまとめてみました。お悩み中の方はぜひ実践してみてください。

 

なぜ妊娠中は市販の便秘薬がNGなの?

妊娠前から便秘がちで市販の下剤を愛用されておられた妊婦さんもいらっしゃると思います。

しかし妊娠中は安易な下剤の使用はNG。なぜかというと、下剤の中には子宮収縮作用を持つ成分が含まれているものもあるのです。

 

子宮収縮は流産や早産を誘発してしまう危険がありますので、市販薬は避け、服薬以外の方法で便秘を解消しましょう。

 

服薬以外での便秘の解決方法としては、

1.食事の改善

2.運動でお腹の筋肉を鍛える

3.腸を刺激する

 などがあります。

 

妊娠・授乳期に服用できる便秘薬「マグミット」「ラキソベロン」の安全性

妊娠中や授乳期に処方される便秘薬は、赤ちゃんに影響のないものが選ばれます。処方されることが多いものに「マグミット」と「ラキソベロン」があります。

 

処方されることの多い「マグミット」

生活習慣改善の指導でも効果がみられない場合、まずこの薬を使うことが多いようです。

これは「塩類下剤」のうちの一つで、服用しても腸管から吸収されることがなく、含まれる成分の性質により腸管内の浸透圧を高めることによって腸の外から水分を引き寄せます。

その水分によって便の量が増加し、腸のぜん動運動を促すことで便秘が解消されます。

習慣性が少ないため長期間使用しても安全なことも、妊婦さんに処方される理由の一つになるでしょう。

 

服用時の水分量や服用する間隔を調整することで、その人に合った便のコントロールが可能となります。

注意事項としては、貧血の治療で鉄剤を使用している場合、この薬を服用することによって鉄分の吸収が妨げられますので、医師の指示する用法に従って飲むようにしてください。

 

腸を刺激する「ラキソベロン」

マグミットは便の量を増加させることで排便を促す塩類下剤でしたが、ラキソベロンは「大腸刺激性下剤」といって腸の粘液に直接作用して刺激し、ぜん動運動を促す薬です。

 

大腸刺激性下剤の中には大量に服用すると早産や流産を引き起こす可能性があるとされるものが存在しますが、妊婦さんや授乳中のママに処方されるラキソベロンの分量・使用法は習慣性も少なく安全性が高いと考えられています。

 

飲んでから効果が出てくるまで数時間かかりますので、就寝前に服用して翌朝排便があるといった使用方法になります。

人によって適量が異なる場合もありますので、少しずつ調整しながら適量を判断していくようです。

 

「マグミット」と「ラキソベロン」のいずれの場合も、服用方法をよく守りましょう。

 

妊娠中の便秘を解消する方法

妊娠中はホルモンの関係で便秘になる妊婦さんがいます。また、つわりで十分な食事ができず、便秘になりやすくなります。

もともと便秘になりやすかった人で、便秘薬を飲んでいた人は必ずお医者さんに相談をしてから飲むようにしましょう。

 

以下は、便秘を解消する方法です。参考にしてみてくださいね。

 

・朝起きたらコップ一杯の水を飲む習慣をつける

水は常温が良いでしょう。

 

・水分をこまめに摂るようにする

炭酸水は便秘を改善するといわれています。

レモン味などの味のついた炭酸水もあるので、飲みやすいものを選びましょう。

 

・ヨーグルトを食べる

プレーンヨーグルトに柑橘系のフルーツを入れると食べやすいです。

デザート感覚で、少し凍らして食べるのもよいです。

 

・砂糖の代わりにオリゴ糖を使う

 

・ホットミルクを飲む

ミルクが苦手な人は豆乳にするか、キャラメルソースなどの甘いソースをトッピングする。

就寝前にホットミルクを飲むと寝つきがよくなります。

 

・ハーブティーを飲む

カフェインレスで、妊娠中でも安心して飲めるハーブティーを飲みましょう。

ルイボスティーが一般的です。

 

・妊娠中でもできるストレッチを習慣づける

 

どんな食事を摂ればよいか

食事では、乳酸菌や食物繊維の摂取を心がけます。

乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトやチーズ、納豆、味噌、漬物などに乳酸菌が含まれています。

 

また、食物繊維の摂取も心がけます。

食物繊維を含む食材には、腸内で膨らんで腸を刺激し、便通を促す「不溶性食物繊維」と、便を適度な柔らかさにしスムーズに排便させてくれる「水溶性食物繊維」があります。

 

不溶性食物繊維は豆類(エンドウ、あずき、おから等)・穀類(トウモロコシや大麦)、水溶性食物繊維は海藻類、納豆、ごぼうやにんじん、キウイやいちじくやアボカドなどに含まれています。

 

腸内環境を整える食材としては、他にもオリゴ糖、寒天、こんにゃくなどがあります。

寒天やこんにゃくはローカロリーで体重の増えすぎも予防してくれて、一石二鳥です。

これらにプラスして、水分をこまめに補給し、腸を刺激するのもお勧めです。

 

便秘の解消に効果的な運動とは?

ウォーキングやジョギングがお勧めです。

ウォーキングは腹筋を適度に動かしてくれ、腹筋を鍛えると腸を動かす力が強くなり便秘解消に役立ちます。

 

または、トランポリンなどもおすすめです。トランポリン運動は腸全体を刺激してくれる効果があるそうです。

室内用トランポリンというものが市販されていますので、興味がありましたら検討してみるのもよいでしょう。

 

注意点としては、いずれの運動も妊婦であるということを頭において、激しい動きは控え、軽い運動にとどめておきましょう。

 

食事改善と軽い適度な運動が便秘解消への近道です。できる範囲で実行してみてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

便秘に関する記事

なぜ妊娠すると便秘になるの?便秘は赤ちゃんに悪影響ってホント?

お腹の中に新しい命が宿り、新しい家族を待つ妊婦さんは幸せいっぱい!と思われが...

妊婦さんの便秘対策に!シリアルにプラスαで、妊娠中の身体に嬉しい効果?

  妊娠すると大きくなる子宮に影響されて、様々なトラブルが増えます。便秘はその...

便秘の体験談

妊娠中期後半のツライ便秘!妊娠中でも服用可能なマグミット

妊娠7カ月に入り、ますますお腹も大きくなり、胎動も激しくなってきました。 と同時に、ツライ便秘が始...

陣痛の中、浣腸を…出産のときまで続いた妊娠中の便秘!

妊娠中、便秘には悩まされました。妊娠中の突然の便秘1人目の長女を妊娠中、いつもではなかったのですが、...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る