カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 帝王切開の痛みから早く回復するにはコレ!

妊娠・出産

帝王切開の痛みから早く回復するにはコレ!

帝王切開の産後は、傷口の痛みと+子宮収縮の痛みが二重にやってくるので、とても辛いものです。これは味わった人にしかわからない痛みです。産後何日も痛みに耐えなければならないのですが、何か良い方法はあるのでしょうか。

 

帝王切開の痛みはいつまで?

通常、帝王切開の痛みは、長い人だと二ヶ月位、短い人でも一ヶ月くらいは続くと言われています。最初の一ヶ月は育児も大変でなかなか厳しいと感じることも多いでしょう。

 

産後、すぐは歩くのも痛く、前かがみになって何かにつかまって歩くようになるくらい痛いものです。座薬を処方してもらうことが出来るので、進んで処方してもらいましょう。 

 

薬以外の良い対処法

座薬などの痛みどめはもちろん、効きますが、中には使用したくないと考えている人もいるかもしれません。薬に頼らないで痛みを回避する方法はあるのでしょうか。

 

よく動くと良いというのですが、母体を動かすことで入院中からゆっくりにでも病院内をあるいたりするのがお勧めです。もちろん痛いので、無理をする必要はありません。

 

冷えなどでも痛みは増すので身体全体を冷やさないようにしましょう。仰向けで寝るよりも、横向きで丸くなって寝たほうが痛みは軽減されるようです。なるべく無理をしないで、ゆっくり過ごすことも心がけましょう。一気に起き上がったりすると激痛が走ることもあります。 

 

授乳が辛い

帝王切開の産後で辛いものの一つに授乳があります。後陣痛もあり、授乳中は痛みが増すことが多いです。しかし、母乳も始めにあげるのが重要とされていますし、あげないと出なくなってしまいます。辛いと思いますが、痛みどめなどを活用して母乳をあげてください。

 

もし、完母をめざしているのであれば、痛いからとミルクに頼ってしまうと、月日が経つにつれて、完母に近づくのは難しくなってしまうので、頑張ってあげ続けましょう。

 

 

帝王切開の痛みは体験した人にしか分からない痛みです。産後の育児も嫌になるくらい痛みを感じることもあります。自分なりの和らげる方法を見つけて、帝王切開の痛みと向き合うことが大切です。 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

出産時に起きる「分娩損傷」ってなに?<頭・神経編>

分娩時に新生児が被る損傷のことを、分娩損傷といいます。 赤ちゃんの体重や骨...

こんなにあるの?!出産と分娩方法の種類

  一昔前までは、「経腟分娩(普通分娩)」と母体や胎児に危険性がある場合の「帝...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る