カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期のストレスで悪化しやすい4つの症状…ストレス解消で解決!?

女性のカラダの悩み

更年期のストレスで悪化しやすい4つの症状…ストレス解消で解決!?

体調が悪いのに体の中に病気がないことがあります。

病気ではないのに具合が悪いのはどの年代でもあることですが、450代で考えられるのは更年期でしょう。

 

更年期がストレスになる

更年期は女性にも男性にもあります。女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで起こり、男性は男性ホルモンのテストステロンが減少することで起こります。

比較的女性の更年期の方がよく知られており、ほてりや、動悸、イライラなど実に様々な症状が起こります。

男性の更年期も女性と同じような症状が出たり、排尿障害が起こりやすくなったりします。

 

こうした更年期障害は病気ではなく体の変化によって起こります。そのため、症状がひどくない限りは治療をしない人も多いでしょう。

 

しかし、生活の中で常に不調を抱えているのは、どうしてもストレスになります。

更年期には、更年期の症状があること自体が大きなストレスになって、体に悪い影響を及ぼすことがあるのです。

 

更年期ストレスが及ぼす体への影響

ストレスは更年期に見られる症状を増大させます。

具体的にそういったものには、どのような症状があるのでしょうか?

 

・睡眠障害

ストレスを抱えているときにはストレスホルモンが体の中で分泌されます。

ストレスホルモンの中には呼吸を浅くする働きのものがあり、それによって眠りの質が低下しやすくなります。

さらに睡眠障害が起こるとそれ自体がストレスを増強させるようにも働きます。その悪循環によって、症状が悪化していってしまうのです。

 

・疲労

ストレスホルモンの中には血液の流れを悪くするものがあります。

血液循環が悪くなると色々な症状が起こりやすくなりますが、その一つが疲労感です。

体中の細胞に必要な栄養素と酸素が十分に行き届かず、逆に各細胞で不要になったものを回収しきれないため、体がうまく働かなくなっていくのです。

 

・イライラ

更年期症状の中でイライラ感はよく言われます。

ストレスホルモンの中にはイライラの原因になるものがあり、ストレスを感じることでこのイライラ症状が悪化します。

 

ED(勃起障害)

男性に起こる更年期の症状ですが、これはテストステロンの減少に加えて、ストレスの影響も大きいことが知られています。

性に関する問題だけに、誰かに相談せずに自分だけで悩み、症状を大きくしていることもあります。

 

治療の前にストレスの解消を

更年期障害の治療には漢方薬による治療や、ホルモン補充療法などがあります。しかしその前に日頃感じているストレスの大きさを考えてみて下さい。

 

もし日頃からストレスが大きいと感じているならば、それが症状を大きくしているかもしれません。

 

逆に言えばストレスを発散させることで症状がいくらか緩和するかもしれないのです。

ストレスを感じている本人はなかなか自分が抱えているストレスに気づけないこともあります。そんなときには他人の声を参考にしてみて下さい。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

人によって様々!更年期症状

更年期障害とその他の症状の区別する最大の要素は、閉経もしくは月経不順(3ヶ月以上...

更年期のせいで子宮が出てきた?!なのに治療は必要ないの?

年齢が上がると、どうしても筋肉がおとろえていきますよね。それによって、足が上が...


緊張型頭痛、偏頭痛…更年期になって悪化する頭痛症状まとめ

更年期症状として代表的なものの一つが「頭痛」です。 頭痛は日本では多くの人が、...

そのドキドキは本当に更年期のせい?動悸は高血圧やストレスの症状かも?!

「何もしていないのに、いきなり心臓がドキドキして止まらなくなった…」 ちょっと...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る