カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. 産後育児で落ち込む日々が続いたら・・・「産後うつ」かもしれません

妊娠・出産

産後育児で落ち込む日々が続いたら・・・「産後うつ」かもしれません

産後は思っているよりも、大変な日々が続きます。赤ちゃんが泣きやんでくれなかったり、思うようにいかないことだらけと感じてしまってイライラしているのはもしかすると、産後うつになっているのかもしれません。

 

産後うつとは

出産を境に、女性ホルモンに変化が起こり、それによって、心に様々な影響を及ぼすと言われています。一時的なものが多いのも特徴です。はっきりとこれがあったら産後うつとは一概に言えないものなのですが、症状としてはいくつか例があります。

 

例えば、気分が落ち込んだり、うまくいかないことに自分で自分を責めてしまったり、赤ちゃんが泣きやまないと自分がダメな母親のように思えたりしてきます。

 

今まで出来ていたことが出来なくなってしまったり、授乳の時間に縛られて自分を追い込んでしまうこともあります。そうなると症状として、下痢や便秘、胃の痛みや、頭痛、脱毛や、脱力感などが出てきてしまいます。 

 

産後うつになる原因として多いもの

それでは具体的にはどんなことがあって産後うつになってしまうのでしょうか。当然慣れない育児が始まるので、育児と家事の両立につまづいてしまう。自分だけが頑張っている気になって、パパに嫌気がさしてくる。世の中から取り残されているような気分になる。

 

赤ちゃんと二人でいるのが苦痛。赤ちゃんの成長がうまいようにいかなくて不安。このように、初めて体験する育児という壁につまづいてしまうことで産後うつになってしまうことが多いようです。 

 

どんな人が産後うつになりやすのか

初めての育児をする人が産後うつになりやすいわけではなくて、二人目、三人目でも産後うつになる人はいます。

 

どんな人がなりやすいのかというと、もともと責任感が強く、完璧を求める人ほどなりやすいようです。なぜかというと、育児は思うようにいかないことだらけだからです。赤ちゃんが泣き止まないと、無力感を感じるとともに、自分を責めてしまう場合もあります。 

 

頼れる人がいると心強い

周りに頼る人がいない人もなりやすいようです。誰かに話すだけで気分が落ち着くということもあるんのですが、一人で抱え込むと、辛くなり、産後うつになりやすいようです。

 

産後うつは誰でもなりうるものです。自分は大丈夫と思っていても、いつの間にか、育児が辛くなり、産後うつになっているかもしれません。少しでも、疑いがあるなら、誰かに相談しましょう。 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

産後うつに関する記事

がんばりすぎないで!!…産後うつになったらどうする?!

出産を終えると、新しい生命との出会いがやってきます。 本来ならば、気分も晴...

分娩時の死亡より、産後うつの自殺が多い!重要性が増す、産後ママのメンタルケア

2016年5月、熊本地震後の小さい赤ちゃんを抱えるママたちの精神不安(産後う...

産後うつの体験談

【出産後の情緒不安定】 産後うつの乗り越え方を伝授!

無事に出産を終えて、自宅に帰り、待ちに待った赤ちゃんとの生活。それなのに、赤ちゃんと二人きりになった...

これって育児ノイローゼ???赤ちゃんのお世話は私一人きり

出産は里帰りし産後はしばらく実家で過ごす・・・ 当たり前のように聞く話ですが私は訳あって初産の時か...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る