カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アナフィラキシー >
  4. インフルエンザの予防接種後の腕の腫れ…これって大丈夫?副反応、注意すべき症状

アレルギー

インフルエンザの予防接種後の腕の腫れ…これって大丈夫?副反応、注意すべき症状

インフルエンザの予防接種を打ったあとに腕の腫れを見つけるとドキッとしてしまいますね。何か悪い反応が出たんじゃないかと、心配・不安になってしまうことでしょう。

そこで、ここではインフルエンザの予防接種を打ったあとにでる腕の腫れや、副反応についての話をしていきましょう。

 

腕の腫れは基本的には問題ない

 予防接種を打ったあとに摂取部位が腫れるのは、接種されたワクチンに対して、正当に体が反応して、抗体が産生されていた証なので心配はいりません。

また、個体差やその時の体調で副反応がでない場合もあるので、でないからといって効いてないわけでもありません。

 

副反応の症状は?

 副反応は腫れる以外にも以下のような症状が出ることもありますが、これらも基本的には問題ありません

 

・かたくなる

・少し痛む

・熱を持つ

・赤くなる

・頭痛

・だるさ

 

 だいたいは数日で症状もおさまるので気にする必要はないでしょうが、それ以上続く場合は1度お医者様に相談してみましょう。

 

副反応の処置の仕方は?

 気にする必要のないものなので、特に処置も必要はないのですが、赤身が気になる時は冷やしたりして様子ををみるといいでしょう。

頭痛やだるさの場合は安静にして過ごすのがいいでしょうが、予防接種が原因でない場合もあるので注意して観察しましょう。

 

こんな反応は要注意

 基本的には気にする必要のない副反応ですが、まれに起こる反応で気にするべき反応もあるので注意しましょう。

 

腫れが広がりをみせる

腫れが接種した部分から広がりをみせ、肘や肩まできているときは、ワクチンに対してアレルギー反応を起こしている可能性があります。

 

呼吸困難・めまい・意識低下・吐き気 

予防接種受けた後30分間は、アナフィラキシーショックが起こることがあります。

アナフィラキシーショックでは、呼吸困難、めまい、意識低下、吐き気などの激しいアレルギー症状が出ます。


また、ワクチンは作成する過程で鶏卵を使用します。

ですので、鶏卵などでアレルギーのある人や以前にワクチン接種後30分以内にアナフィラキシーショックを起こしたことのある人は、接種をひかえるか医師に相談してから接種しましょう。
アナフィラキシーショックは重篤な症状になりますので反応(症状)が出たらすぐに医師に相談もしくは受診しましょう。

 

接種直後に注意すべきこと

以下のことは接種直後や接種した日には特に注意が必要です。

 

・(激しい)運動

・(長時間)入浴

・注射あとをを強くこする

・飲酒

 

インフルエンザの予防接種はインフルエンザにかかりにくくしたり、感染後の症状を軽くしたりと利点も多く、副反応も気にする必要のないものがほとんどです。

しかし、まれに起こる副反応の中には危険性の高いもの、要注意なものもあるので、しっかりと観察することが大切です。

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

アナフィラキシーに関する記事

夏の野外は要注意!ハチに刺された際のアナフィラキシーショックの症状はどんなもの?

   夏になると、バーベキューやキャンプ等で森に近づくことが多くなると思います...

死の危険もある!アナフィラキシーとは?

アナフィラキシーはアレルギー反応のひとつで、数あるアレルギー反応の中でも生死にか...


慌てないで落ち着いて対処しよう!ハチが室内に入ってきた時の対処方法

この季節になると虫が増えますが、その中でも危険なのがハチです。ハチはさまざま...

私は大丈夫、が命取り?身近に潜むアナフィラキシーの起因物質とは

  はじめての発症である場合やアナフィラキシーの起因物質が特定できていない場合...

カラダノートひろば

アナフィラキシーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る