カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 頻回授乳はいつまで続くの?母乳はいつまであげればいいの?

育児・子供の病気

頻回授乳はいつまで続くの?母乳はいつまであげればいいの?

赤ちゃんを出産してよろこぶのもつかの間!

ママは体を十分に休めることなく、昼夜問わずの頻回(ひんかい)授乳に追われます。

 

ここでは、頻回授乳の疲れ(いつまで続くのか・疲れの解消法)についてまとめました。

少しでもご参考になれば幸いです。

 

頻回授乳とは?

生まれたばかりの新生児は、1日に何度も母乳を欲しがります。

育児書などには「授乳は2~3時間おきに1日に8回以上」などと書かれていて、これを「頻回授乳」といいます。

 

ですが実際のところ、新生児は授乳から1時間もたたないうちに、また母乳を欲しがります。

そのたびにあげるので、1日10~15回以上授乳しているママも多くいらっしゃいます。

 

母乳で育てるには、とにかく乳房を吸わせることが大事なので、とくにまだそんなに母乳が出ない初産のママは、より多くの頻回な授乳に追われる傾向があります。

 

頻回授乳はいつまで続くの?

授乳回数には個人差があり、夜よく眠る赤ちゃんですと、一日の授乳回数は少なくなります。

ですが、夜も1時間~2時間おきに泣いて母乳を欲しがる赤ちゃんは、授乳回数が多くなります。

 

しかしどんな赤ちゃんでも、成長するにつれ一度に母乳を飲める量が増えて、徐々に授乳回数は減っていきます。

 

だいたい生後3ヶ月過ぎには6~8回/日ほどになり、生後6ヶ月を過ぎて離乳食が進むにつれて、どんどん減っていきます。

つまり生後3ヶ月~6ヶ月ぐらいまで、頻回授乳は続くわけです。

 

頻回授乳の疲れをとる方法は?

頻回授乳が続く時期、ママは夜熟睡できずたいへん疲れますね。

 

一番いい解決法は「寝ること」これにつきます。

昼間も赤ちゃんが眠ったら、ママも横になるように心がけてください。

家事は最低限にしてとにかく休みましょう。

 

また1回の授乳は、両方の乳房で20分~30分程度で済ませましょう。

長引けばママも赤ちゃんも疲れてしまいます。

 

それでも泣いていてママが疲れたときは、ミルクを飲ませるのも手です。

ミルクを足して満足した赤ちゃんがご機嫌になってくれれば、ママも休めます。

 

頻回授乳の時期、ママはとても疲れるものですが、いつか自然に授乳回数が減り、まとめて眠れる日がきます。

その日まで、毎日の授乳を無理せず楽しく続けていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

母乳をうまく吸わせるコツ!

    出産して、休む間もなく始まる次のお仕事!それは授乳です。生まれたばかりの...

母乳の成分ってなんなの?分泌時期による母乳の特徴と成分変化!

授乳は当たり前のように始まりますが、生まれたばかりの赤ちゃんが飲んでどんどん...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る