カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おむつ・おしり >
  4. お手入れ >
  5. 女の子ベビーのパパ・ママ必見!基本のおむつ替えからおまたケアの仕方まとめ

育児・子供の病気

女の子ベビーのパパ・ママ必見!基本のおむつ替えからおまたケアの仕方まとめ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、おむつかぶれやふき残りなどによる炎症が起こりやすいです。

 

とくに、女の子のおまたはデリケートなので、きちんとしたケアが必要です。

 

■基本のおむつ替えポイント

女の子のおむつを替える時には、気を付けるポイントが2つあります。

 

・割れ目の間をきれいにする

・うんちの時は前から後ろへ拭く

 

女の子の場合、割れ目の間に拭き残りが入りやすくなりますので、広げてやさしく拭き取りましょう。

ゴシゴシこすると、肌を痛めるので気を付けてください。

うんちの時は、膣の中にばい菌がはいらないように、必ず前から後ろへと拭くようにしましょう。

 

おむつ替えの時に、いつも赤ちゃんのおまたの状態をチェックしましょう。

赤くただれていたり、湿疹が出ていないかどうかみておきましょう。

 

また、拭くときに痛がって泣く場合は、なにか炎症が起きている可能性もあります。

気になることがある時には、小児科を受診してください。

 

■入浴時のおまたケアのポイント

お風呂でおまたを洗うときに気を付けるポイントは1つです。

 

・石鹸で洗うのは外側だけ

 

外側は、石鹸をつけて手やガーゼで洗います。

膣内は石鹸で洗わないでください。

膣内の粘膜には、自浄作用がありますので、シャワーで流してあげるだけで大丈夫です。

 

■赤ちゃんでもおりものが出る!

女の子の赤ちゃんは、新生児のころからおりものがでます。

あまり神経質にすべて拭き取ろうとしなくてもよいです。

完全にきれいにしようと拭きすぎると、かえって炎症を起こしやすくなるので気を付けてください。

 

ただし、おりものの量が多かったり、においや色がある時には、カンジダ膣炎の可能性もあるので、小児科へ受診しましょう。

 

カンジダ膣炎はおむつかぶれと間違えやすいですが、おむつかぶれの薬はカンジダ菌を活発にさせます。

おむつかぶれの薬を塗っても悪化していくようなら、カンジダを疑いましょう。

 

おまたのトラブルを防ぐには、こまめにおむつ替えをして、清潔な状態にしてあげることが一番です。

きちんとしたケアで、デリケートな女の子の肌を守ってあげましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

お手入れに関する記事

赤ちゃんの肛門に出来る膿瘍の話

     生まれて間もないころから生後一年ぐらいまでの間の男の子の赤ちゃんで...

女の子の性器はとてもデリケート!女の子のデリケートゾーンを清潔を保つ方法

赤ちゃんの性器は非常にデリケート。特に女の子の性器は男の子のものよりデリケー...

お手入れの体験談

我が家のオムツ処理法

皆さんはオムツの処理どのようにしていますか? 乳児でも結構ウンチの匂いってすごいですよね。 普通...

おしりふきにこだわりありますか?

皆さんはおしりふき、どこのものを使っていますか? オムツ同様におしりふきも色んなメーカーのものがあ...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る