カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. 気分が落ち込む…梅雨にうつ病を発症しやすくなる原因とは?

メンタル

気分が落ち込む…梅雨にうつ病を発症しやすくなる原因とは?

梅雨は好きですか? 四季のある日本で、梅雨の季節は好きだという人はあまりいません。

湿度が高く気温も高いことから、不愉快な気分になる人が多いためでしょう。

 

梅雨と心の状態

梅雨に何だか憂鬱な気分になるのは、誰もが経験することではないでしょうか?

そもそも梅雨は季節の変わり目であることから、身体の調子が崩れやすいです。

その身体への影響は、何だかイライラする、疲れやすい気がするといった、心の状態へも影響します。

そのため梅雨は、うつ病を発症しやすい季節でもあるのです。

 

梅雨にうつ病を発症しやすくなる原因とは?

梅雨はうつ病を発症しやすくなったり、うつ病の症状が悪化しやすいです。

なぜ梅雨にうつ病が悪化するのでしょうか?

 

・高い湿度

湿度の高さと人の不快感が関係しているのはよく知られているでしょう。

人は4060%の湿度で快適さを感じますが、梅雨には80%くらいの湿度になります。

 

物理的に息がしづらかったり、肌がベタベタする感じがしたりして、それが不快感になります。

それに対してイライラがつのったり、ストレスに感じるのは当然のことと言えるでしょう。

 

・ハウスダスト

梅雨の時期にはダニやカビなどのハウスダストが多くなります。このハウスダストが多い空間はプラスイオンが生じやすくなります。

マイナスイオンには癒しの効果があると聞いたことがないでしょうか?

プラスイオンはその逆で、イライラや憂鬱、不快感をまねくと考えられています。

 

・日光の不足

人間は日の光を浴びることで、心身の安定に関係する「セロトニン」という脳内物質を分泌します。

梅雨には日の光を浴びることが少なくなりますよね。そのため、セロトニンが不足しやすくなり、うつ病を発症しやすくなるのです。

 

対策は「梅雨でも元気に!」

上記のような原因があれば、それをとり除くことが必要です。適度に部屋の換気をし、除湿を心がけましょう。

また、ハウスダスト対策として室内をきれいに保つことも必要です。

 

日光の量が不足するのは仕方がないですが、雨の日であっても多少の日光は降り注いでいます。

それにできる限りお天気になったら外に出て思いっきり日の光を浴びるとよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

うつ病患者の恋愛 うまくいかない原因

  筆者は仕事で何人もうつ病患者さんに接してきました。比較的、男性のうつ病...

俺が治してやる! 恋愛でうつ病はよくなるのか?

うつ病の女性の患者さんと接していると、仕事の間をぬけてまで、病院の送り迎えを...


うつ病を悪化させてしまう食べ方がある?!ついついこんな食べ方、していませんか?

うつ病は食べ物で改善もできますし、逆に悪化することもあります。うつ病を悪化させ...

アナタは当てはまる?!こんなタイプの人がうつ病になりやすい!

      うつ病は誰にでも発症する可能性のある精神病です。 でも、その中でもう...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る