カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. ○○で梅雨のうつが予防できる!?梅雨うつをやっつける意外な3つの方法

メンタル

○○で梅雨のうつが予防できる!?梅雨うつをやっつける意外な3つの方法

「梅雨で何だか憂鬱…」な気分が、生活や人間関係に支障をきたしていないでしょうか?

もしかしたらその気分の落ち込みは、天気が悪いだけで起こっている症状ではないかもしれません。

 

季節限定のうつ病があります

寒くなってくると日照時間が減少してくることや、自然の姿が寂しくなってくることによって、うつ病を発症することがあります。

これは冬季うつなどと言われ、季節性のうつ病です。

 

これと同じように梅雨にもうつ病が発症することがあります。

梅雨も日照時間が短くなりますし、湿度の高さがストレスを増大させますよね。

そのため、梅雨も冬と同様にうつ病を発症しやすいのです。

 

梅雨のうつを悪化させないためには?

梅雨に憂鬱な気分になるのは仕方のないことともし言えます

しかしそれを放っておいてしまうと、うつ症状を悪化させることにつながります。

では、悪化させないためにはどんなことをすればよいのでしょうか。

 

(1)日照時間の確保はLEDライトでも○

梅雨に日照時間が短くなるのはどうしようもありません。

光を浴びることは人の体にとても重要で、光を浴びることで脳内でメラトニンという物質が生成されます。

これが心身の安定に欠かせないのですが、この光は日光ではなくLEDライトでも代用できます。

 

(2)部屋に植物を置く

ダニやカビからはプラスイオンが出るとされています。このプラスイオンはマイナスイオンの逆で、人のイライラを助長するのだそうです。

 

これに対してマイナスイオンを出すモノは何かというと、植物が有効です。

ちょっとした観葉植物を部屋においてみてはどうでしょうか?

 

(3)不調を天気のせいにする

梅雨のうつは梅雨の気候によって起こるものです。

ですから「自分の体調が悪いのは、梅雨のせいだ」と割り切って切り捨ててしまうこともよいでしょう。

 

体調が回復しないことで余計にストレスを感じてしまうよりは、気持ちがさっぱりしますし、実際梅雨の気候が原因なのです。

 

いずれは天気がよくなります

季節限定のうつは、そこまで深刻に考えなければ、季節の移り変わりと共に症状が変化していきます。

天気がよくなれば、体調も回復するさと、気楽に構えている方がよっぽど気持ちとしては楽でしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

ストレスを軽減させるために!脳のエネルギー源と構成成分ってなに?

日々のストレスの蓄積により、精神疾患などの発症原因となります。現代社会は高ス...

うつ病ってうつるの?負の連鎖が起こらないようにするには!?

  ご主人、奥様とご夫婦でうつ病を患ってしまったという話しは聞いた事はありません...


誰かに共感することがうつ病対策

■うつ病にならないためにストレスに対する対策を準備することは不可欠です。 ...

三つの脳のバランスがうつ病の鍵

■前頭前野には人間らしさを司る三つの脳があります。 共感脳、学習脳、仕事脳...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る