カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. 梅雨は特別な水虫対策が必要!梅雨水虫にならないための方法

気になる病気・症状

梅雨は特別な水虫対策が必要!梅雨水虫にならないための方法

梅雨はあまり気持ちのいい季節ではありませんよね。

梅雨は湿度が非常に高くなるために、気分としても良くない一方、カビが増殖しやすい季節でもあります。

 

水虫において梅雨は特別

梅雨のジメジメが大好きなのが、カビです。水虫を引き起こすカビは白癬菌というカビで、足の角質層に住みつくものが代表的です。

 

そもそもこの白癬菌はそこまで感染力が強いものではありません。

そのため、普通の人ならば、普段は特別な対策は必要ないかもしれません。ですが、梅雨で勢力を拡大した白癬菌を軽視することはできません。

 

水虫にならないために…梅雨に気を使いたいところ

勢力を拡大する梅雨の水虫には、特に梅雨の時期に気をつけるべきことがあります。基本的に大切なのは、「清潔」と「乾燥」を保つことです。

 

・連続で同じ靴を履かない

風通しの良い靴を履ければそれがよいですが、仕事などではそういうわけにもいきませんよね。

その場合に気をつけたいのが、「毎日同じ靴を履かない」という点です。

 

毎日同じ靴を履いていると、前日に履いた靴の湿度が翌日までにとれず、靴の中の湿度が高いままになってしまいます。

そのため、梅雨の時期には2足以上の靴を、毎日変えながら履いていくのがよいです。

 

・バスマット、カーペット、床、水回りはこまめに掃除する

水分の多いところにはカビが特に繁殖しやすくなります。

バスマットやカーペット、床などは人の足が直接触れる場所ですよね。

足の皮脂などが落ちれば、それに水虫菌がついて繁殖し、人から人へ伝染していくことがあります。

 

カーペットなどを毎日洗うのは、梅雨ですし難しいでしょうが、普段よりは掃除や洗濯を頻繁に行った方が良いでしょう。

 

普段は大丈夫でも、梅雨の時期はダメ

普段からここまでたくさんの水虫対策をしなくてもいいと思います。しかし梅雨の時期は別です。

普段以上に水虫菌が強くなっていますから、普段以上のケアをしてあげてください。

 

特に、裸足でいることが少なかったり、足のかゆみが気になっているという場合には、念入りに足のケアをしてあげるとよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

治療に数ヶ月?かかりたくない...水虫には予防法があった!

  水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に寄生し激しいかゆみや痛みを引き起こしたり...

あなたの水虫にはどの市販薬があっている?水虫の状態で選びたい、市販薬のタイプ

     水虫の市販薬はいろいろと売られていますが、正しく使えているでしょうか。...


水虫などの慢性皮膚病にも効く硫黄泉

  臭いが強い硫黄泉。典型的な温泉の臭いですが、水虫などの慢性皮膚病に効果...

足の臭いがなくならないのは病気のせい?水虫は臭いの原因に

  いろんな方法を試しているのになかなか足の臭いが消えない場合は、病気が原...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る