カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 全般性不安障害 >
  4. 強迫神経症患者を支えるあなたへ 長い治療期間で大切な3つの心得

メンタル

強迫神経症患者を支えるあなたへ 長い治療期間で大切な3つの心得

何度もガスの元栓が不安で、確認を繰り返していたら出かけられなくなったと聞いたら、多くの人ばかげていると思うでしょう。

しかしこのばかげている行動が、ばかげているとわかっていながら、やめられない人がいます。

 

強迫神経症という病気

今では強迫性障害と言われるようになりましたが、これは不安を前提とする障害のひとつです。

 

例えば冒頭のガスの元栓の例もそうですし、なんども手を洗ったり触れた場所をきれいにする、過度な潔癖症もそうです。

あるいは、些細なことの理由をしつこく聞く詮索癖といったものもあります。

 

これらは自分の中で完結することもあれば、重症になると他人にも確認などを要求することもあります。

さらに長年発症している場合、うつ病を合併することも多く、その場合には患者さん本人の苦痛は相当大きいものになります。

 

周りの人のどう対処したらいい?

強迫性神経症は、すぐに治るものではありません。どちらかというとよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、長い時間かけて治っていくのが普通です。

そのためその間の、周りの人の症状への対処は、非常に大切になってきます。

 

では、周りの人は患者さんの症状に対してどのように接すればよいのでしょうか?

 

(1)症状に対する責任は、患者さんにも、周りの人にもないと理解する

見られる症状は不合理でばかげているものです。

そのため症状が出ると周りの人は「そんなばかなこと…」と感情が動いてしまうかもしれません。

しかし、「気になること自体が病気」ですから、それは誰にも責められるものではありません。

 

当然患者さんは罪悪感や責任を感じる必要はありませんし、それは周りで支えている人も同様です。

あまり周りの人が責任や罪悪感を背負ってしまうと、患者さんはあの人のためにも直さなければと、不要な気負いをしてしまいます。

長い治療でそうした強すぎる気持ちは逆によくありません。

 

(2)結果に一喜一憂しない

症状がちょっと治まってきたとき「すごい!もう一歩で完治だね!」などと言ってしまわないようにしましょう。

先述の通り、強迫性神経症はよくなったり悪くなったりを繰り返します。

いちいちそれに感情を動かしていると患者さんへのプレッシャーになってしまいます。

 

良くなった場合にはそのよくなったところを認めてあげ、なるべく喜びなどの感情を大きくあらわさないようにしましょう。

逆に悪くなったときには「そんなこともある」くらいの姿勢で、「気長にそばにいる」ことを伝えてあげましょう。

 

(3)治療の助けはするが、強迫行為は手伝わない

先述の通り、強迫行為はエスカレートしていくと周りの人を巻き込むことがあります。

そのため、手伝えばそれが裏目に出て症状が悪化する可能性が大きいです。

 

一方で断るときには最大の配慮を要します。

一番は担当医にそのケースを想定して相談しておくことがよいです。

 

あるいは患者さんの目の前で「周りの人は強迫行為を手伝わないでください」と、お医者さんに言ってもらってもよいでしょう。

 

断る際には「お医者さんが言っていたから」だけで患者さんの気持ちに添えません。

「本当にあなたのことを応援している、けど、手伝ったら病気を悪化させてしまうから手伝えない」と、しっかり「私はあなたの味方」というメッセージを伝えましょう。

 

最大限の配慮と思いやりを

 長い間治療に付き合っていくのは正直しんどさもあるでしょう。

ですが、患者さんへの接し方をないがしろにしていると、今度はうつ病を発症する可能性も高くなります。

うつ病を発症した場合、自殺の可能性も高くなってきますから、家庭などでは十分なサポートをしてあげてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

全般性不安障害に関する記事

精神科で処方される薬にはどんな種類がある?~ドーパミンに関わる薬(躁うつ病)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬...

疼痛治療薬『リリカ』の抗てんかん薬としての効果とは?

抗てんかん薬とは、脳の神経細胞が過剰に放電するのを抑制するという薬ですが、適応...


精神科で処方される薬にはどんな種類がある?~イオンに関わる薬(躁うつ病)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬...

どうしてもやめられない…「強迫性神経症」発症の原因はどこにある?

意味はないけどやめられないことはありませんか? そんな行動があるからすぐ病気!...

カラダノートひろば

全般性不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る