カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 母乳育児で乳首が痛い!授乳で乳首が切れる原因・切れた時の対処法

育児・子供の病気

母乳育児で乳首が痛い!授乳で乳首が切れる原因・切れた時の対処法

母乳育児で乳首が切れた…一度は経験のあるお母さんは多いのではないでしょうか。

赤ちゃんに母乳をあげたいけど、その激痛が辛いですよね。少しでも痛みが和らぐよう、対処法をまとめました。

 

■授乳で乳首が切れる原因

授乳で乳首が切れる原因は何でしょうか。

赤ちゃんの吸う力というのは意外と強いものです。一説によると、シェイクをストローで飲めるほどだそうです。

それほどの力で、1日に約10回も授乳をしていると何らかのトラブルがあっても仕方がないという印象ですよね。

ですが、この搾乳トラブル、お母さんが気を付けることで少しでも防ぐことができます。

 

乳首トラブルの原因で多いのは、赤ちゃんがうまく乳首をくわえていないことです。

お母さんが工夫をして、深くくわえさせるようにしましょう。

また、添い乳は楽でいいのですが、赤ちゃんが浅くくわえる原因になりますので、トラブルが頻発している場合は正しく授乳する方がよいでしょう。

 

■乳首が切れた時の対処法

乳首が切れて痛いのに、授乳をしなければいけないときは保護クリームが有効です。

特に、羊油が有効で、ピュアレーンやランシノーは赤ちゃん用品店にも売っているのでチェックしてみてください。

激しい裂傷になると治りも遅くなるので、少し痛いな、切れたかなと思ったら、すぐに塗ってみてください。

赤ちゃんがなめても問題ないので、塗ったまま授乳もできます。

また、頻回授乳になると治りにくくなるので、一度でたくさん飲めるよう工夫しましょう。

 

■乳首トラブルが起こらないよう予防を!

乳首トラブルが起こらないようにするには日ごろの予防が必要です。予防法としては、乳頭マッサージがあります。

 

・乳頭マッサージ

日ごろから乳頭をクリームなどでマッサージして柔らかくしておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

色々な抱き方をしてみよう

また、授乳の際に色々な抱き方をして、繰り返し同じ場所が吸われることがないようにするのも効果的です。

そして何よりも深くくわえさせることで乳首への負担は大きく軽減するので、注意してみてください。

 

いかがでしょうか。乳首が痛すぎて母乳育児をあきらめる前に、ぜひ試してみてください。

乳首のトラブルは繰り返すケースが多いので、繰り返す場合は抱き方や授乳方法を助産師さんなどに相談するのもよいかと思います。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

母乳に関する記事

乳首が小さくて上手く授乳できない!?実は簡単な方法で授乳がスムーズになるんです!

赤ちゃんが産まれて、さあいざ授乳!となったとき上手く授乳できずにあわててしま...

母乳育児ってすごい!良い母乳を作るための生活習慣って?

赤ちゃんが産まれてきて初めて口にするもの…それは『母乳』です。 母乳にはと...

母乳の体験談

心配だった母乳育児

誰しも妊娠中は母乳で我が子を育てることを想像しますよね?? 私もその中の一人でした。 妊娠したら...

母乳の出がよくなるハーブティー

実際に飲んでみてどうだったかをまとめました。タンポポ茶味・★★★★★ 匂い★★★★★ 母乳の量・...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る