カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 認可・認可外保育所、認定子こども園、保育ママ制度…保育サービスでママも働ける?!

育児・子供の病気

認可・認可外保育所、認定子こども園、保育ママ制度…保育サービスでママも働ける?!

現在では待機児童の増加など、はたらくママさんや、はたらきたいママさんにとって大きな問題となっています。

 

「入園したくてもできない」もどかしい問題を解決しようと、国や都道府県もさまざまな保育サービスを提案しています。

保育サービスにはどのようなものがあるのでしょう?

 

■認可保育所

保育士の数や、敷地面積などの国が定めた一定の基準をクリアし、都道府県知事からの認可を受けている施設です。

この施設は、運営費などの助成を受けているため、保育料がいくらか安くなるメリットがあります。

 

■認可外保育所

自治体からの認可を受けているわけではないので、保育士の数などをクリアしていない場合もあります。

認可外であるため、運営費の助成を受けず、保育所自体が保育料を設定するため保育料は少々高めです。

 

ただ、保育所によって異なりますが、預かり時間が長いなど、いろいろと融通を利かせてくれるところが多いようです。

 

■認定子こども園

教育と保育を行う施設です。

幼稚園と保育園の良いところをあわせ持っています。

 

幼稚園での教育というメリット、保育園での受け入れ年齢の制限がないこと、保育時間が長いなどのメリットをあわせ持っています。

 

また、そこに通っていない子の親も育児相談などを利用することができます。

ただ、設定されて日が浅いため、各地域にまだ数が少ないです。

 

■家庭的保育事業(保育ママ制度)

働いていたり、または介護をしなくてはならないなどの保護者にかわり、保育を行います。

それを自宅の一部で行うのが、この保育制度です。

 

主に3歳までの子供とし、待機児童など保育園に入園できない子供の受け皿として期待されています。

 

■一時預かり制度

保護者の急病や急用、リフレッシュなどのために保育所等で一時的に預けることができる制度です。

事前に電話やFAXで予約が必要になってくる場合もあるので、利用時には各保育所への問い合わせが必要です。

 

■病児・病後児保育

保育所などに通園している子供が病気にかかり、集団生活が一時的に難しい場合に預かってくれる施設です。

 

これらの施設は、各都道府県により設置状況が異なります。

料金も施設によって異なってきますので、事前に確認し、うまく利用できたらいいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

保育園・幼稚園に関する記事

幼稚園や保育園などの集団生活にむけて~お家でやっておきたいこと~【前編】

3歳頃になると、お子さんの幼稚園や保育園への入園を考える親御さんも増えてくる...

引越しなどによる幼稚園の転園に必要な手続きって何?

急な引っ越しでは様々な手続きが必要となります。 もし幼稚園や保育園に通って...

保育園・幼稚園の体験談

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

現在、専業主婦。子供3人。働きたい。

ほぼ、ずっと専業主婦の私ですが。 子供も3人になり、働かなくてはならない状況になりそうで、働き方を...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る