カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 4~7ヵ月 >
  5. 寝かしつけ >
  6. 激しい夜泣き!それは異常のサインかも?こんな症状は要チェック!

育児・子供の病気

激しい夜泣き!それは異常のサインかも?こんな症状は要チェック!

赤ちゃんの夜泣きに悩まされているママも多いですよね。

数十分泣くくらいであればなんとか耐えられますが、一時間以上も泣いていると、ママの気が滅入ってしまいます。

 

しかし、なかにはただの夜泣きではなく、どこか体の異常をうったえて泣いている場合もあります。

いつもと違う激しい夜泣きをしていたら、何か赤ちゃんに異常がないか確認しましょう!

 

耳をさわって泣いている?

激しく泣いている赤ちゃんの様子を見てみましょう。

まだ痛いなどの言葉を発せない時期の赤ちゃんが、耳を触って泣いていたら中耳炎になっているかもしれません。

 

中耳炎になると、夜に目を覚ましてしまったり、夜泣きをするといわれています。

耳をしきりに気にして、頭を振るようなしぐさがあれば、中耳炎の可能性があるので、耳鼻科へ受診してください。

 

中耳炎のほかにも、熱があったりのどに炎症が起きていたりすると、寝付けずに泣いている場合もあります。

気になるようでしたら、救急センターに問い合わせるなどの方法も考えましょう。 

 

体の不快で泣いている?

病気が原因でなくても、体になにか不快なことがあって泣いていることもあります。

 

・おむつが気持ち悪い

・体がかゆい

・歯が生える

 

このような場合にも、なかなか寝付けなくてすぐに目を覚まして泣いてしまいます。

まずは、子どもの様子をきちんと見てください。 

 

日中のストレスが原因?

夜泣きを引き起こす要因として、日中のストレスが考えられます。

怖いテレビを見たり、驚くような体験をした日の夜は、とつぜん激しく泣くことがあるのです。

 

寝る直前であったりすると、眠りについてからよりすぐに脳が思い出しますので、夜寝る前はなるべく怖いテレビを見せたり、怒鳴ったりしないようにしましょう。

子どもはとても敏感なのです。

 

いつもとなにか違うと感じる夜泣きのときは、夜泣きでは済まされない体の異常がある可能性もあります。

激しく泣いているときは、まず子どもの様子をきちんとみてあげましょう。

 

不快な眠りの環境から、救ってあげてください。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

寝かしつけに関する記事

いつもの夜泣きとちょっと違う!?赤ちゃんの病気、髄膜炎について

赤ちゃんの夜泣き。あまり泣き止まないと何かの病気なのではないかと疑いたくなりま...

赤ちゃんの夜泣きには「ねんねトレーニング」!パパと協力して安眠を♪

生後5か月くらいになると、赤ちゃんは昼間に起きていることが多く、夜は長めに寝...

寝かしつけの体験談

もうすぐ1歳、添い乳をやめるぞ!寝かしつけに大苦戦

娘がもうすぐで1歳になります。 生まれてから今までずっと添い乳をしてきました。 最初は抱っこした...

生後7ヶ月から夜泣き?が始まる

娘は基本的に機嫌がよく、理由なく大泣きすることが少ないので、あまり困ったことがありませんでした。 ...

カラダノートひろば

寝かしつけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る