カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康管理 >
  4. 「甘いモノを食べる」「よく眠る」…実は疲労回復方法として間違っている!?

健康診断・健康管理

「甘いモノを食べる」「よく眠る」…実は疲労回復方法として間違っている!?

しっかり休んでいるはずなのに、疲れがとれないことはないでしょうか?

普通なら動いた分休憩すれば、体力や気力は回復するはずですよね。しかしそうならないことがあります。

 

疲れをとるために何をしている?

身体的に疲れているなら休憩を、精神的に疲れているならリラックスをすることで、心身は回復します。その回復を促す方法もいくつかあります。

身体的に疲れているときにはマッサージに行きたくなるかもしれません。

 

あるいは精神的に疲れているなら、自分の趣味に没頭することで回復することもあるでしょう。

そんな回復方法の中で、良かれと思ってやっていたことが間違っている可能性もあります。

 

意外!この回復方法が、疲れが取れない要因だった!

 

>甘いモノを食べる

疲れたときに甘いモノを食べると良いと聞いたことがないでしょうか?確かにそれは間違っていません。

疲れたと感じたときに糖分を摂取するのは、糖分がすぐにエネルギーに変換されるためです。

しかし忘れてはいけないのが、糖分をエネルギーに変換するのに必要なものがあるということです。それがビタミンB1で、これが不足していると逆に全身の倦怠感につながります。

 

甘いモノが疲労回復になるのは、前提としてバランスの良い食事を普段からしていることが必要なのです。

 

>よく眠る

睡眠は心も体も回復させてくれる、非常に有効な回復手段です。

しかし、疲れているからといってだらだらと長時間寝ていないでしょうか?

睡眠時間は短ければもちろん良くありませんが、長くても体によくありません。理想の睡眠時間は7時間と考えられています。

 

また、ただ寝ればいいと思っていませんか?睡眠は時間と同じくらい質も大切です。良い睡眠をとるために、睡眠環境にも配慮したいですね。

 

こんな行動やっていませんでしたか?

甘いモノを食べるのも、よく眠るのも、疲労回復には欠かせません。

しかし食べ過ぎるのも寝すぎるのも、逆の効果をもたらしてしまいます。

自分の疲労回復方法は、逆効果になっていませんか?まずはそこの見直しからしてみてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康管理に関する記事

静電気体質ってホントにあるの?

  乾燥する冬は「パチン!パチン!」と静電気が頻繁に起こるという方もたくさんい...

「寒暖差疲労」って知ってる?あなたの寒暖差耐性をチェック!

春や秋などの穏やかな季節と違い、冬は日中と朝晩、昨日と今日、部屋と廊下など、...


突然意識を失って倒れる!その原因「迷走神経反射」ってなんだ?何が原因で起こる?

失神などで意識を失ったことはありますか? 健康な人でも前触れなく、突然意識を失...

体がダルい、重い…!そんな疲労にオススメの対処法は?

   朝の目覚めが悪い、肩コリがひどい、食欲がない…。 病気というほどではないけ...

カラダノートひろば

健康管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る