カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 退院後にも会陰切開の痛みや違和感が続く!対処法は??

妊娠・出産

退院後にも会陰切開の痛みや違和感が続く!対処法は??

会陰切開を始めとする、産後の痛みは辛いものですね。もし、退院後にも痛みが続く場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

痛みや違和感が続いている場合は受診

出産した後、退院する前に医師の検診があると思います。まずはその時に、経過をよく見てもらうことが大切です。産後はなかなか動けず気軽に受診できませんよね。痛み止めなどが終わりそうな場合は、少し多めに処方してもらっておくと良いですよ。

 

痛みがひかず、2~3週間続いている

産後すぐの頃と痛みが変わらずにしばらく続いている場合、まずは出産した産婦人科に電話で相談しましょう。必要があれば受診するように言われると思います。様子を見る場合は赤ちゃんの一ヶ月検診の時に相談しましょう。 

 

授乳中もOKの痛み止めを処方してもらいましょう

授乳中に飲んでも赤ちゃんに負担のかからない痛み止めを処方してもらいましょう。頻繁に受診することは難しいと思いますので、多めに処方してもらいましょうね。

 

カロナールなどの鎮静剤は、会陰切開の痛みだけでなく、頭痛などの痛みにも有効ですよ。産後は、体に大きな負担がかかります。多めに処方してもらっておくと、安心です。安心すると不思議と痛みを感じなくなってきたりします。

 

体への負担を軽くしよう

ドーナツクッションに座ったり、授乳をする時は背もたれのある椅子やソファ、壁に寄りかかって行うようにしましょう。少しでも体への負担を軽減していくことを考えましょう。

 

寝不足も続き体力も落ちている産後は、無理は禁物です。ママはできるだけ体に負担がかからないように工夫をし、お願いできることは家族などにお願いをして、体に負担がかからないように自分自身をいたわってあげてください。

 

 

赤ちゃんのお世話に追われてしまうと、ついつい自分を大事にすることを忘れてしまうと思います。ママが元気でいることが赤ちゃんにとっては一番の安心へとつながるということを胸にとめておいてくださいね。 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

やってあげたい赤ちゃんのお祝い♪「産湯」と「お七夜」

赤ちゃんは誕生後節目節目で様々な目的でお祝いをするのが日本の伝統となっています...

帝王切開後の痛み!自然分娩とどっちが痛い?

      自然分娩では難しいと医師が判断した場合は、帝王切開での出産とな...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る