カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 対処法 >
  6. つわりの救世主?ビタミンB6の効果ってどんなもの?

妊娠・出産

つわりの救世主?ビタミンB6の効果ってどんなもの?

つわりの吐き気を止めるため、病院でも使われているのがビタミンB6です。吐き気止めの薬には抵抗を感じる人にも、ビタミン剤なら安全性が高いと、安心して飲めるようです。

ビタミンB6は、本当に効果があるのでしょうか? 

 

摂り過ぎは禁物!

薬と違って、大きな副作用が無いのがビタミン剤のメリットです。

しかし、ビタミンB6を長期間にわたって過剰摂取すると、神経障害を起こすともいわれます。これは相当な量を摂り続けないと現れない症状ですが、何事もほどほどが大切です。

 

 

ビタミンB6が含まれているからと、マルチビタミンの錠剤を多量に飲むのはオススメできません。マルチビタミンにはビタミンB6以外の成分も配合されていて、中には過剰摂取で副作用が出やすいものもあるからです。ビタミン剤は医師に相談してから試してみましょう。

 

牛乳やバナナ、赤味の魚、ナッツ類なビタミンB6を多く含む食品の中から、食べられそうなものを探すというのも1つの方法です。

(Photo by //www.photo-ac.com/) 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

つわりの時のサプリメント活用法

妊娠中のつわりで悩んでいる人も多くいらっしゃるかと思います。 つわりによい...

つわり中の飲み物は?冷たい飲み物の取りすぎはNG!?

  つわり中は飲めるものも限られるかもしれません。 工夫して飲みましょう。  ...

対処法の体験談

グレープフルーツよりオレンジ!つわり中の食生活

つわりの症状は人それぞれ。 そのため、食べれる物も、食べたい物も人それぞれ違うと思います。 ...

つわりの症状。柑橘系の果物のみで2か月過ごす

つわりの症状は人それぞれですよね。 私の場合、妊娠がわかったのが9週目で12週目頃から5ヶ月までつ...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る