カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 屋外 >
  5. 交通事故から子どもを守る!身につけさせたいルール・教え方

育児・子供の病気

交通事故から子どもを守る!身につけさせたいルール・教え方

大事なお子さんを守るために・・・親子で交通ルールを確認してみましょう。

 

たくさん散歩に出かけましょう

お子さんが歩けるようになったらできるだけ一緒に歩いてみましょう。
まずは近所を歩くことから。

大人と手を繋いで歩くこと、道路に飛び出さないこと、車が来たら端に避けて歩くこと、もしくは車が通り過ぎるまで待つことを丁寧に伝えてあげましょう。

 

実際に一緒に歩くことで、お子さんの予期せぬ行動を見たり、近所にも危険な場所があることに気付いたり…様々な気付きがあると思います。
繰り返し何度も一緒に歩きましょう。

 

それから信号機の見方もしっかりと教えてあげてくださいね。
お子さんは、きっと好きでしょうからよく覚えてくれると思います。
図書館へ行くと、交通ルールを題材にした絵本もあります。
一緒に楽しみながら読んであげましょう。

 

自転車に乗れるようになったら・・・

自転車に乗れるようになったら、まずは広い公園などで楽しむようにしましょう。
一人で勝手に出かけないことをよく約束しておいてください。
自分でしっかりと乗れるようになったら、お子さんは自転車、親は歩きなどで一緒に近所に出かけてみましょう。

 

歩いている人がいたらどうするのか、車がきたらどうしたら良いのか、信号を待っているときは・・・など、詳しくお子さんに教えてあげてください。
そして、何度も繰り返し伝えましょう。
自転車に乗れるようになると行動範囲がグーンと広がっていきます。
ひとつひとつ、親子で確認をしながら身につけていきましょう。

 

駐車場や自宅周辺での行動も気を付けよう

ニュースで目にすることがあるのが、家族にひかれてしまったり、保育園などの送迎時の事故です。
そして残念ながら、親が目を離してしまった時に飛び出してしまって・・・ということがきっかけに多いように感じます。

 

日頃からどのように行動したら良いのかルールを身につけることが大切だと思いますので、お子さんともう一度確認してみましょう。

 

駐車場では遊ばない・親は責任持って子どもを見る

まずはこの二つを徹底してください。駐車場は、いつ、誰が利用するか分かりません。
また、案外スピードが出た状態で駐車場に車が入ってくることも多いです。
広いからと、安心せずに、駐車場で遊ぶことは避けましょう。

 

そして、親は知り合いやママ友とのおしゃべりをする場合もしっかりとお子さんを見ていることが大切です。

 

車の近くで遊ばない

自宅で過ごす場合、自分の家なので家族皆の気が緩んでしまい、事故へと繋がることがあるようです。
日頃から、車の近くで遊ばないことをお子さんと約束しておきましょう。
また、車は危ないということを教えてあげてくださいね。

 

一度ではお子さんには伝わりません。
繰り返し、根気よく、一緒に行動しながら確認していきましょうね。

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

屋外に関する記事

幼児の成長や発達に重要な外遊び!外遊びでママが気を付けたいこと

幼児の外遊びは成長や発達にとても重要な意味があります。 でも、外遊びには危...

最近話題の子供用ハーネス!賛否両論だけどどうなの?

一人で歩けるようになったお子さんとのおでかけって結構大変ですよね。自分で好きな...

屋外の体験談

長女のトラウマ。

東日本大震災があった3月11日、当時長女は7歳でした。 前日から高熱を出しており学校はお休みしてい...

小さな泥棒!!!

 キッチンでごはんを作っていた私、 えらく静かで子供がどこに行ったのかもわからないくらい静か。 ...

カラダノートひろば

屋外の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る