カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. アロマ・ハーブ >
  5. 妊娠中のつわりに効くハーブと注意点

妊娠・出産

妊娠中のつわりに効くハーブと注意点

普段から、リフレッシュにハーブやアロマを取り入れている人は多いですね。

つわりのムカムカや不安感をハーブで解消!…といきたいところですが、待ってください。

 

ハーブは西洋では古くから薬として使われている、作用の強いもの。そのため、つわり時に良い効果のあるハーブ、避けた方がよいハーブがあります。

今回はおすすめのハーブと避けるべきハーブの両方を紹介しますので、事前に確認してからハーブをとるようにしてくださいね。

  

つわりに効くといわれるハーブ

まずは、つわりに効果があると言われているハーブでおすすめのものを5つ紹介します。

 

1.ジンジャー

ジンジャー(生姜)には吐き気止めの効果があるといわれているハーブです。

ジンジャークッキーやジンジャーエールは、海外でつわりに効く食べ物の定番。漢方でも、生姜の吐き気止めや殺菌効果が利用されています。

  

2.オレンジピール

オレンジピール(みかんの皮)はつわりの時に食べたくなる人も多い、柑橘類のハーブです。

オレンジピールの香り成分であるリモネンは、鎮静作用や抑うつ作用があります。そのため、妊娠中のイライラや不安を緩和して、穏やかな気持ちにしてくれるかもしれません。

 

3.ローズヒップ

ローズヒップは、ビタミンCやビタミンB、ベータカロテン、ミネラルなどの栄養素を含んでいます。つわりで食事のとりにくい時にとり入れるのが、特におすすめ。

また食物繊維も含んでいますので、便秘改善にも効果が。

 

4.ルイボス

ルイボスには、鉄分、カルシウム、リンなどのミネラルが多く含まれています。鉄分が不足しがちな、妊娠全時期におすすめ。抗酸化作用もありますので、肌荒れへの効果も。

 

5.ダンデライオン

タンポポ茶、という響きの方がなじみがあるかもしれません。

ダンデライオンはコーヒーに近い味のするハーブで、ビタミンやカルシウムや鉄分などが豊富に含まれています。母乳にもいいと言われているため、産後も継続して飲まれると良いかもしれません。

  

いずれのハーブもとりすぎは禁物。ハーブティや料理で少し使用するなど、とりすぎないようにしましょう。

 

注意が必要なハーブ 

一方、妊娠中におすすめできないハーブもあります。それらは胎児のいる子宮に作用する成分が含まれているから。どのようなハーブに含まれているのでしょうか。

 

子宮を刺激する作用があるもの

・ローズマリー

・サフラン

・ジュニパーベリー

 

子宮を収縮させる作用があるもの

・カモミール

・ジャスミン

・ハト麦

 

子宮を興奮させる作用があるもの

・ベニバナ

 

上記のハーブは普段はリラックスであったり、気分転換に使われることも多いかもしれません。しかし、つわりのある妊娠初期は流産につながる危険性があるため、特に注意が必要です。

他にも、料理に使われるシナモンやバジルなども、大量摂取は避け他方がよいハーブとされています。

 

注意が必要なハーブを少し食べたり飲んだりしたからといって、悪い影響が出ることはありません。気づかずに飲んでしまった場合は、焦らずに以降は飲まないように心がけましょう。

 

ハーブの楽しみ方

良い効果のあるといわれているハーブも、先の通り強い作用のあるものですので、長期間にわたって多量に摂取するのはオススメできません。何事にも適量があります。

妊娠中のハーブは少量をリラックスに用いるくらいが、ちょうど良いかもしれません。ハーブティーで香りを楽しみながら、水分補給をしてくださいね。

  

つわりの人、妊娠中の人でも安心して飲める「マタニティ・ブレンド」「モーニング・シックネス(ウェルネス)ブレンド」のハーブティーなら、安心。

なお、ハーブを使ったリラックス法のひとつ、アロマオイル(精油)は、作用がとても強いので、いずれのハーブでも避けた方がよいでしょう。 

 

「つわり時期のハーブティー」に関する体験談

   

投稿者:kh48vさん

★つわり対策の飲み物 AMOMAマタニティブレンド

突然ハーブティーが無性に飲みたくなって、インターネットで購入したハーブティーです。ローズヒップの酸味がおいしくてよかったです。

 

投稿者:まりも19860111んさん 20代

画像のように、ルイボスティー・ノンカフェインコーヒー・ハーブティー2種類を購入。胸がムカムカする時に飲むようにしたところ、吐き気がやわらぐ感じがしました。

 

投稿者:siosioさん

あとは、つわりの時にはミントティーを飲んですっきりしていたのですが、妊娠中には子宮が収縮したりして、早産や流産を引き起こす可能性もあるハーブがあるようなので、しっかり調べてから飲まないといけないですね!!!

 

妊娠中でも飲めるハーブティーでリフレッシュ!

つわりの時期は本当につらいですよね。効果のあるハーブを選んで、リフレッシュして乗り切りましょう!

もちろん、無理してハーブをとる必要はありませんので、本当につらい時はまずは安静にしてくださいね。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アロマ・ハーブに関する記事

【妊娠後期のプレママ必見】いざ陣痛がきたら~陣痛をサポートするアロマ

いざ陣痛が始まると初めての出産ではなくても、緊張や不安を感じるもの。そのため、最...

つわりが辛いワーキングマザーの方へ つわり中を少しでも快適に過ごすアイデア

ただでさえ辛いつわり。しかし、妊娠中の継続して仕事をしている場合、寝ていたいのに...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

アロマ・ハーブの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る