カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. かゆみ >
  5. 汗をたくさんかくこの季節!赤ちゃんのあせも対策は万全?

育児・子供の病気

汗をたくさんかくこの季節!赤ちゃんのあせも対策は万全?

たくさん汗をかくこの時期は、あせもがつきものですよね。

とくに赤ちゃんはあせもができやすいので、なるべく少なくできたらいいですね。

 

赤ちゃんのあせも対策、今からでもまだ間に合います!

 

■大人よりあせもができやすい?

あせもは、肌に汗が長い時間ついていることが原因で、汗や汚れが汗腺をふさぐためにできてしまいます。

赤ちゃんは、新陳代謝がさかんなので、汗といらなくなった老廃物をたくさん体外へ出します。

 

汗などを出す汗腺ですが、なんと赤ちゃんも大人と同じ数を持っているのです!

体は小さいのに、大人と同じ数の汗腺があるのですから、より汚れがたまりやすくあせもができやすいというのも納得ですね。

 

だからこそ、赤ちゃんのあせも対策はきちんとしてあげてください。

 

■あせもを防ごう!

あせもはおでこ、頭、首、わき、手足のくびれ、おしりにできやすいです。

あせもができにくいように、ふだんから心がけることが大切です。

 

・こまめに汗をふく

・通気性や吸水性の高い服を着せる

・エアコンを使用して適度な温度設定

・おむつをこまめに替える

・たくさん汗をかいたらシャワーで流す

などなど。

 

節電のために、あまりエアコンを使いたくない!という方もいるとは思います。

エアコンにたよってガンガンに部屋を冷やす必要はありません。

たとえば気温が34度の時は、エアコンを28度に設定して使用することで、熱中症対策にもなります。

臨機応変にエアコンを使用することも必要でしょう。

 

また、外にお出かけをしてたくさん汗をかいたら、ふくだけよりはシャワーで洗い流してしまったほうがより快適です。

夏場ならば、水浴び感覚で一日に何度もシャワーを浴びてもよいですよね。

ぬるま湯で洗い流すことで、汗腺も広がって中の汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。

 

■ベビーパウダーは毛穴をふさぐ?

「あせもができたらベビーパウダーをつけておけば大丈夫」

おばあちゃんにそう言われていました。

 

今は、ベビーパウダーは逆効果でよくないという意見もあります。

しかし、きちんとした使い方をすることで、ベビーパウダーはあせも対策のひとつになるのです。

 

ベビーパウダーの間違った使い方は、「水分をよくふきとらずにつける」ということです。

しめっている状態のところにベビーパウダーをつけると、汗腺がつまって症状が悪化してしまうのです。

 

では、正しいベビーパウダーのつけ方とはなんでしょうか?

 

正しいベビーパウダーのつけ方

1、水分をしっかりと拭き取ってからつける

2、ママの手に少量とる

3、肌に白色が残らないように薄くのばす

 

ポイントは、乾いたところに薄くのばしてつけることです。

きちんとした使い方をすれば、ベビーパウダーの「汗を蒸発・拡散させる」という機能を最大限いかせますよ。

 

あせもが悪化すると「とびひ」になってしまうこともあるので、気になるようでしたら小児科・皮膚科にかかってください。

あせも対策をして、快適な夏肌ライフを過ごせますように。

 

(Photo by:pixabay

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

かゆみに関する記事

小さな子どもに頻出の汗疹(あせも)!どうやって対処・予防する!?

ちょっと気を抜くと、赤ちゃんの身体にできている赤いぽつぽつ…赤ちゃんもどこか機...

子どもが我慢できないほどのかゆみ…痒みを誘発させる事を避けよう!痒みに効く●●な予防策

お子さんが感じる“痒み”には様々な症状がありますが、どんな症状に対しても、“痒...

かゆみの体験談

突然の身体の湿疹に病院へ急ぎました!

 産まれてから乳児湿疹もほとんど出来なくて、あまり肌関係で悩むことはありませんでした。しかし、秋ごろ...

切ない…!湿疹と虫刺されのこと

4月に娘がうまれ、きっと夏にはおむつかぶれやあせもがすごいんだろうなぁと思ったので、一応産前にベビー...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る