カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おむつ・おしり >
  4. お手入れ >
  5. 男の子・女の子の赤ちゃんオムツ替え・デリケートゾーンのケアはどうするの?!

育児・子供の病気

男の子・女の子の赤ちゃんオムツ替え・デリケートゾーンのケアはどうするの?!

赤ちゃんのオムツ替えやデリケートゾーンのケア。

どうやったらいいのか、注意点なども気になりますよね。

 

男の子・女の子の赤ちゃんについて、それぞれ見ていきましょう!

 

男の子のデリケートゾーンのケア

男の子の赤ちゃんが生まれたママが戸惑うこと…

それは、自分についていない性器「おちんちん」のことです。

 

どうケアしてあげたらよいのか悩みますよね。

ここでは、おちんちんのケアの仕方、オムツ替え時の注意点についてまとめました。

 

オムツ替え時のふきとり方

男の子のおちんちんや玉の部分は、しわやくぼみが多くて拭き取りづらいですね。

きちんと汚れを拭き取ってあげないと、残った汚れに細菌が繁殖して炎症を起こすことも…。

 

ただ男の子の場合は、女の子のように割れ目の部分に見えない汚れが溜まりやすいということはなく、性器が外に出ているのでわりと汚れが見えやすいです。

 

ただし玉の裏側は忘れやすいので、必ず玉を持ち上げて裏側も拭きましょう。

ちなみにうんちの汚れは必ず拭き取りますが、おしっこだけの時は特に拭かなくても大丈夫です。

とはいえ、余裕があれば拭いてあげるとよいでしょう。

 

拭く時は竿の部分を押さえて、玉のしわの部分をお尻拭きを持った指でぐーんとのばしながら、しわの間をきれいに拭き取りましょう。

 

お風呂ではしっかり洗う

おちんちんを清潔に保つために、沐浴(もくよく)や入浴時には手を使ってていねいに洗ってあげましょう。

石けんを手でよく泡立て、おちんちんと玉袋、お尻の穴をていねいに洗います。

 

竿や玉の裏側も忘れずに洗いましょう。

石鹸を洗い流す時も、おちんちんを持ち上げて裏側まできれいに流します。

 

タオルで拭く時もやさしく拭き取り、オムツをつける前にしばし乾かします。

すぐにオムツを着けると、オムツの中が蒸れてしまいます。

 

男の子ならではの悩みあれこれ

男の子はおちんちんがノズルのようになっているので、オムツ替え時に油断しているとおしっこがぴゅーっと飛んできます。

 

オムツを開けた時におちんちんが膨らんでいたら、オムツを元に戻してしばらく待ちましょう。

ティッシュやお尻拭きをたたんで、おちんちんの上に乗せておくと、飛んでくるのを防ぐことができます。

 

また、おちんちんの包皮をむくかむかないかで悩んでいるママが多いようですが、こちらは別の記事でくわしく解説します。

 

おちんちんは大事な部分です。

やさしくていねいにあつかってあげましょう。

 

女の子のデリーケートゾーンのケア

赤ちゃんの性器は非常にデリケート。

特に女の子の性器は男の子のものよりデリケートですので、お風呂での洗い方やオムツの替え方など、清潔を保つためには色々と注意が必要です。

では、赤ちゃんのデリケートゾーンを清潔を保つ上で、どんな注意点があるのかを見ていきましょう。

 

オムツ替えの時にキレイに拭く

オシッコやウンチが出た時には、その都度きれいに拭いてあげましょう。

カット綿をぬるま湯に浸したものや、市販のおしりふき用ウエットティッシュなど、肌に優しいものを使用してあげましょう。

 

肌がデリケートな赤ちゃんは、市販のおしりふきに含まれる成分によってカブレを起こしてしまう場合もあります。

赤ちゃんの肌状態に応じて拭くものを選んであげましょう。

 

拭き取るときは前から後ろへ

また拭き取る際には、前から後ろへ拭くようにしましょう。

女の子はウンチの際、割れ目の中にウンチが入り込んでしまいやすいです。

 

きちんと割れ目の部分をひろげて、中に入ってしまっているウンチも優しく拭き取ってあげてください。

残ってしまっていると、尿道や膣に菌が入って感染を起こしやすくなってしまいます。

 

女の子の性器のお風呂での洗い方

性器の表面には軽く石けんをつけて洗ってあげましょう。

割れ目の中は石けんを使わずに、軽く開いて優しく洗い流してあげましょう。

 

また、膣などの粘膜部分には自然の自浄作用があります。

洗い過ぎることによってそのバランスが崩れてしまうので注意が必要です。

 

性器のまわりにかぶれがあったら…

また、長引くオムツかぶれには注意が必要です。

「オムツかぶれかな?」と思い、市販のオムツかぶれ用軟膏を使用してみても、なかなか赤みが引かないことや、逆にカブレが広がってしまう場合があります。

 

なかなか治らないオムツかぶれの場合、原因がカビのことがあります。

また、カンジダ性皮膚炎が起こっていることも…。

カンジダの場合、抗真菌剤での治療が必要となりますので、長引いているようでしたら小児科を受診しましょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

お手入れに関する記事

赤ちゃんの肛門に出来る膿瘍の話

     生まれて間もないころから生後一年ぐらいまでの間の男の子の赤ちゃんで...

女の子の性器はとてもデリケート!女の子のデリケートゾーンを清潔を保つ方法

赤ちゃんの性器は非常にデリケート。特に女の子の性器は男の子のものよりデリケー...

お手入れの体験談

我が家のオムツ処理法

皆さんはオムツの処理どのようにしていますか? 乳児でも結構ウンチの匂いってすごいですよね。 普通...

おしりふきにこだわりありますか?

皆さんはおしりふき、どこのものを使っていますか? オムツ同様におしりふきも色んなメーカーのものがあ...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る