カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康管理 >
  4. 疲れはその日のうちにリセットしたい!帰宅後のお休みテクニックは?

健康診断・健康管理

疲れはその日のうちにリセットしたい!帰宅後のお休みテクニックは?

仕事から帰って、眠りにつくまでの間、みなさんはどのように過ごしていますか?

 

夕飯を食べて、お風呂に入って、明日の準備をして…。

いろいろやっているうちに布団に入る時間が遅くなり、睡眠時間が減ってしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

そうだとしても、その日の疲れはその日のうちにリセットしたいですよね。

ここでは、自宅で効果的な休息をとる方法をいくつかご紹介します。

 

食事で、体の内側から回復しよう

かたよった食生活だと疲労がリセットされにくいだけではなく、体の不調にもつながります。

基本的には、バランスのとれた食事が大切ですが、疲労回復に効果があるとされる食材を意識してとるようにしましょう。

 

ここでご紹介したいのは、主に2つの栄養素を含む食材です。

 

まず、ビタミンB1は疲労回復に効果がある代表的な栄養素で、主に豚肉などに多く含まれます。

次に、クエン酸も同じ効果が期待でき、こちらはかんきつ類の果物、パイナップル、梅、酢などに多く含まれます。

 

そして、この2つを同時にとることで、その効果がさらに高まると言われています。

 

たとえば、酢豚や豚バラの梅肉巻きなどのメニューが効果的です。

帰宅後の自炊は忙しくて無理という人は、梅干しを常備したり、酢やレモンが入ったドレッシングなどを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

 

入浴は、湯船に入ってゆっくりと

忙しいときはシャワーだけですませるという人もいるでしょう。

しかし、これでは疲れをとることができません。

 

必ず湯船に入って、体を温めるようにしましょう。

 

そうすることで、血液の循環がよくなり、疲労回復につながります。

他にも、お湯につかることでマッサージと同じ効果や、リラックスできる効果があります。

 

お風呂が苦手という人でも、疲れを感じるときはできるだけ体が温まるまで湯船に入ることが大切です。

 

よい睡眠に大切なのは、寝る前の行動

質のいい睡眠をとるためには、寝る前に脳を活性化させることを控える必要があります。

 

たとえば、騒がしいテレビやスマートフォンでのメールのやり取り、パソコン、ゲームなどは、せめて寝る1時間前に終わらせるようにしましょう。

 

また、食事をとることは睡眠の3時間前までに終わらせた方がいいと言われています。

眠ったときも消化機能がはたらいていると、深い眠りになりにくいためです。

 

自分の趣味の時間を過ごしたほうが、疲れを忘れられるという人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの人の体は、一日のリズムを持っています。

それが悪い方へいくと、あとで不調をきたしてしまいます。

 

元気に趣味の時間を楽しむためにも、少しずつ意識しながら、夜の過ごし方を変えていくことも大切ではないでしょうか。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康管理に関する記事

「甘いモノを食べる」「よく眠る」…実は疲労回復方法として間違っている!?

しっかり休んでいるはずなのに、疲れがとれないことはないでしょうか? 普通なら動...

災害時の避難生活「誤嚥性肺炎」のリスク回避のためには口腔ケアを入念に!

災害時の避難生活で、最も気をつけるべきとされているのは、長時間同じ姿勢でい続...


静電気体質ってホントにあるの?

  乾燥する冬は「パチン!パチン!」と静電気が頻繁に起こるという方もたくさんい...

耳の病気になることも…耳かきのやりすぎは要注意!正しい耳かきのやり方

耳かきをしている最中や、したあとの「スッキリ」に快感を感じている方もいるかと思...

カラダノートひろば

健康管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る