カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康管理 >
  4. お風呂でゆったり疲労回復!あなたの疲れに合った入浴法とは?

健康診断・健康管理

お風呂でゆったり疲労回復!あなたの疲れに合った入浴法とは?

  

お風呂にゆっくりと入ることで、一日の疲れをとることが習慣になっている人もいるでしょう。

 

もちろん、自分の好きな温度のお湯に、好きなだけ浸かるのもよいです。

しかし、疲労のタイプによっては効果的な入浴法があります。

 

お風呂が好きな人はさらに自分の体をいやすために、お風呂が苦手という人は健康のために、いろいろな入浴法を試してみませんか?

 

入浴する前に気をつけること

お風呂に入る前に、まずは次のようなことに気をつけましょう。

 

・食後・食前30分間は入浴しない・・・

胃腸の機能が低下し、消化不良になります。

 

・眠る約3時間前に入浴する・・・

身体が冷え始めるころに、深い眠りにつくことができます。

 

・かけ湯をする・・・

急な温度の変化に体をならします。

 

・基本の温度は39度前後・・・

ただし、疲れのタイプによってオススメの温度もあります。

 

・お湯は胸の下あたりまで(半身浴)・・・

肩までお湯に浸かると、体への負担が大きくなってしまいます。

 

疲れのタイプ別、オススメのお湯の温度と時間

具体的に、どのような疲れのときにどんな入浴法が効果的なのでしょうか。

疲労タイプ別の温度と入浴時間をご紹介します。

 

・体全体の疲れ・・・約43度/10分

半身浴であれば、心臓に負担がかかりにくいので比較的長く入浴できます。

 

・心の疲れ・・・39~40度/20分

気持ちが落ち着くように明りをおとしたり、アロマオイルを使うのもオススメです。

 

・首肩コリ、目の疲れ・・・41~42度/20~30分

首や肩をゆっくりと回したり、あたたかいタオルを肩におくと効果的です。

 

・筋肉疲労(スポーツなど)・・・37~39度/20分

疲れを感じる部分をやさしくマッサージすると、血行が促進され疲労物質が排出されやすくなります。

ただし、運動直後の入浴は体に負担がかかるのでNGです。

 

こんなときは入浴をひかえる

体調不良のときは、入浴をひかえるようにしましょう。

お湯に浸かることが、かえって体に負担をかけてしまいます。

 

病気ではない場合は、入浴によって疲労回復が期待できます。

ですが、風邪をひいたり、熱があるなどの場合はさけたほうがいいでしょう。お酒を飲んだ後も危険です。

 

入浴は、手軽に自宅でできる疲労回復法の一つです。

自分に合った入浴法を見つけて、一日の疲れをリセットする習慣を身につけていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

健康管理に関する記事

あなたの舌は白い苔がびっしり?黄色い苔?舌の状態で分かる、食事と心の状態

心の状態は脳の状態とも言えます。そして私達の体を含め、脳をつくっているのは、私...

行ってみよう!漢方外来

  漢方外来ってご存知ですか?文字通り、漢方医学での治療を行う診療科です。...


良薬はそんなに口に苦くない。

  昔、私が子供だった頃。お薬を飲むのが嫌で駄々をこねていた私に、母がよく...

耳の病気になることも…耳かきのやりすぎは要注意!正しい耳かきのやり方

耳かきをしている最中や、したあとの「スッキリ」に快感を感じている方もいるかと思...

カラダノートひろば

健康管理の関連カテゴリ

健康管理の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る