カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. 過保護は子供を虚弱体質に?免疫力のある強い子供にするために

アレルギー

過保護は子供を虚弱体質に?免疫力のある強い子供にするために

 

■人が免疫をつけるには、いったん細菌など有害な物と触れ合わなければいけません
ある意味、一度試練をくぐらないと免疫力も鍛えられないのです。
過保護すぎる育て方をされた子供が虚弱体質になるように、免疫力も過保護にしていると免疫不足の虚弱児になってしまいます。

小さな子供は様々な物を触り、舐めて、口に入れようとします。勿論、あまりに危険な物を口に入れさせないようにすることは必要でしょう。

しかし、そうして何でも口に入れることで体内に周囲の雑菌を取り入れ、その免疫を手に入れるという意味もある赤ん坊の習性でもあるのです。

汚いからとむやみやたらに行動を制限することは、過保護になり免疫を鍛える機会を奪うことになりかねません。

たしかに食中毒など危険な細菌はいくつもありますが、子供は少しぐらい汚れる物という意識を持った方が、免疫力のある強い子供に育つことになるでしょう。

 


過保護による免疫不足


●子供が何でも舐めたり口に含むのを防ぐ。
除菌されたおもちゃなど清潔な物だけで遊ばせる。
殺菌成分のある石けんなどを使う。


など、過剰なまでに細菌を遠ざけることで、子供の免疫力は育たなくなる

 


■子供という物は好奇心旺盛で、元気の固まりです。

毎日のように泥だらけになって遊ぶことが当たり前というのが、人の歴史の中で長い常識でした。


しかし最近では、過保護な親が子供に過剰なまでに清潔さを求めすぎてしまい、子供から細菌が遠ざけられるようになってしまいました。
こうした劇的な環境の変化が、子供という成長期に起こるのですから、それによる影響が甚大です。


過保護な除菌環境によって、子供の免疫力が低下してしまうのも自然の成り行きかもしれません。

 

 


(Photo by //www.ashinari.com/2011/01/22-344983.php)

著者: あゆみさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

自律神経のバランスを整える?鍼灸によるアレルギー症状緩和効果

鍼灸という言葉は聞いたことがあっても、実際にどんなふうに使われているのか、ど...

カビアレルギーの予防法~浴室の場合

  カビは感染症を引き起こしたり、アレルギーの原因になることがあります。機...


ストレスは消化器系にも良くない?ストレス対策でアレルギー予防

  ■ストレスによる消化器系への影響がアレルギーの引き起す主な要因の一つで...

皮膚の上でカビが繁殖する!梅雨の時期のカビは皮膚トラブルを引き起こすこともあるんです!

  日本の梅雨の時期というのは、カビが繁殖しやすい環境です。 このカビは皮膚...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る