カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 夜中に足が痛い!子どもの成長痛はどう対処すればいいの?

育児・子供の病気

夜中に足が痛い!子どもの成長痛はどう対処すればいいの?

ときどき夜中に子どもが「足が痛い」と言うんだけど、これって何かの病気…?

 

それ、「成長痛」かもしれません!

ここでは、子どもの「成長痛」について、その原因と対処法をまとめました。

 

■成長痛とは?

12歳未満の子どもが、特に原因なく夜間に両下肢(かし)に痛みを生じます。

そして翌日になると全快して、普通に歩ける状態になるのがこの症状です。

 

夜になるとときどき、子どもが足が痛いと大泣きするので病院で診てもらい、検査をしても特に異常が出ないと「成長痛」と診断されることがあります。

 

激しい痛みがあるのに異常が無いということは、何が原因で起こるのでしょうか?

 

■疲労が原因であることが多い

むかしは骨の成長で起こるといわれていましたが、現在では骨とは無関係で、原因は「疲れ」だといわれています。

 

子どもは、まだ筋肉や骨が十分成長していないのに、活発に動くことが多く、疲れがたまって痛みの原因になるのではないかと考えられています。

 

1ヶ月に1回程度の頻度で、持続する痛みでなければ心配はありません。

でも、なかなか痛みがとれなかったり、痛みが何日も続く時は、他の原因も考えられます。

その場合は医療機関へ行きましょう。

 

また、なぜ夜中に起こりやすいのかということに関しては、夜中は子どもの精神が不安定になるからではないかと考えられています。

 

■対処法は?

 昼間、存分に遊んだことによる疲労はすぐには取りのぞけませんが、精神的な不安は、お母さんが取り除のぞいてあげることができます。

 

子どもが夜中に痛みをうったえたら「大丈夫だよ」と声をかけ、さすってあげるとよいでしょう。

布団をかけて、なるべく足が冷えないようにしてあげましょう。

お風呂に入った時に、足をマッサージしてあげるのも効果的です。

 

また、普段からスキンシップやコミュニケーションを十分にとるように心がけましょう。

コミュニケーションやスキンシップを存分にとることで、子どもが精神的に安定します。

 

「成長痛」は疲労もですが、親や周囲の人からかまってもらいたいという気持ちのあらわれともいわれています。

そのため、スキンシップで落ち着くことも多いようです。

 

成長にともない解消されますので、あまり気にしないでくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

早期に治療したい!乳幼児の「髄膜炎」の対処法・予防法

「髄膜炎(ずいまくえん)」とは脳と脊髄を覆っている髄膜と呼ばれる保護膜が、炎症...

腸が出てくる!?鼠径ヘルニアの治療は日帰り手術になることも…

「鼠径(そけい)ヘルニア」という病気をご存じでしょうか? よく「脱腸」と呼ばれ...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る