カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他内臓 >
  5. 子どもが膀胱炎!?原因と対処法を知っておこう!

育児・子供の病気

子どもが膀胱炎!?原因と対処法を知っておこう!

成人女性がかかりやすい「膀胱炎(ぼうこうえん)」。

 

しかし、子どもでもかかる場合があります。

子どもの場合は、男女関係なく2歳頃まではなりやすいといわれています。

 

ここでは、子どもが膀胱炎にかかる原因と対処法についてまとめました。

 

■膀胱炎の原因

膀胱炎の原因は、外部から膀胱に細菌が入ってしまうことです。

 

男性より女性の方が尿道が短いので細菌が入りやすく、成人女性で慢性的な膀胱炎にかかる方は少なくありません。

また、水分不足で尿量が少なくなると、尿道や膀胱の細菌が洗い流せず、結果膀胱炎になりやすくなります。

 

子どもの場合も大人と同じく、水分不足やおしっこをがまんしすぎるなどで、膀胱炎になる可能性があります。

 

■こんな症状に注意

赤ちゃんが膀胱炎になると、発熱やきげんが悪いといった程度で、これといった症状が出ないこともあり、膀胱炎に気づくのが遅れる場合もあります。

よく注意して観察しましょう。

 

幼児になると排尿時に痛みをうったえたり、オムツが外れた子でも、日中におもらしをすることがあります。

進行すると尿が臭くなったり、血尿が出ます。

 

小学生以上ではトイレが近くなったり、排尿時に痛みをうったえ、進行すると血尿が出ます。

 

また、高熱をともなう場合は、腎盂腎炎(じんうじんえん)の可能性があります。

もし乳幼児で発熱をともなう場合は、膀胱尿管(ぼうこうにょうかん)逆流症や水腎症(すいじんしょう)の可能性があります。

 

■対処法は?

発熱がない軽度の膀胱炎と診断されたら、抗菌薬を3日程度服用することで完治します。

たいていは、服用しはじめから24時間ぐらいで症状が治まってきます。

 

高熱をともない腎盂腎炎の可能性がある場合は、約2週間抗菌薬を服用します。

高熱が出ている場合は、脱水をともなってきますので、点滴で抗菌薬を投与する場合もあります。

 

回復後も膀胱炎をくり返す場合、腎臓、尿管、膀胱、尿道などの機能に問題がある可能性があります。

くわしく検査をし、治療をしていく必要が出てきます。

 

また、小学生以降の女子で膀胱炎をくり返す場合も、排尿習慣に問題があったり、排尿障害を持っていることが考えられます。

泌尿器科で検査を受けましょう。

 

膀胱炎の予防は水分をまめにとること、トイレにこまめに行って排尿することです。

子どもの場合、水分をとっているか、がまんしすぎていないかなど、大人が注意してあげることが大事です。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他内臓に関する記事

難病指定の「クローン病」、臓器のに原因不明で潰瘍ができていくってどんな病気?

  難病指定がされている疾患のひとつにクローン病という病気があります。 クロ...

疲れやすいのが特徴!腎不全とは?

    腎臓の役割は、体の水分を調節したり、毒素を出すことです。そんな腎臓に...

その他内臓の体験談

新生児黄疸について

初めての出産だと子に少しでも何か普通じゃないことを言われると心配になると思います。私もそうでした。入...

カラダノートひろば

その他内臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る