カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. 免疫力を落とす抗生物質

アレルギー

免疫力を落とす抗生物質

 

■人が病気になることを予防したり、治療するために医療は、予防接種抗生物質という治療法を生み出しました。


予防接種特定の菌を人為的に摂取することで免疫力をつけ、病気を防ぐという物で、抗生物質細菌の活動を抑える作用をする化学物質を投与する治療法です。予防接種は病気予防であり、抗生物質は感染症を治癒することに有効とされています。

一見すると、予防接種はただの予防対策であり、抗生物質が直接病気を治療する優れた治療法に思えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
抗生物質で身体の中の細菌を抑えると言うことは、人の本来の免疫系の活動の機会が奪われると言うことでもあります。
免疫系が活動不足になれば、その免疫力が落ち、あらゆる病気にかかりやすくなってしまう。抗生物質に頼りすぎることは、逆に病気やなりやすくなり、免疫力低下によりアレルギーのリスクも高まります。

予防接種は、濃いに投与した細菌を人の免疫系が感知し、抗体を作り出すことで免疫力を強化させる手法のため、抗生物質とは逆に免疫を強くする効果も期待できます。


予防接種と抗生物質


予防接種
特定の病気への免疫力をつけるために、人為的に細菌を投与して抗体を作り出させる治療法。
免疫系を働かせることで、免疫力を強化する。


抗生物質
微生物によって産出される化学物質。抗生物質が直接細菌の活動を抑え、病気を治す。
免疫系が働かないので、乱用すると免疫力低下に繋がる。


■予防接種も抗生物質も、今の医療にはなくてはならない治療です。


抗生物質は人の身体に優しいように感じますが、その優しさが過剰すぎて本来の人の免疫力を低下させてしまいます
免疫力を下げ、アレルギーとならないためにも、病気は事前の予防接種などで予防策を万全にしておくことが推奨されます。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/12-351395.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

過保護は子供を虚弱体質に?免疫力のある強い子供にするために

  ■人が免疫をつけるには、いったん細菌など有害な物と触れ合わなければいけ...

うつ病とアレルギーの関連

    ■食物アレルギーとうつ病には実は密接な関わり合いがあります。 ...


カビによるアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療法と予防

  アスペルギルスというカビ(真菌)が原因の病気である、アレルギー性気管支...

梅雨時期は注意!アレルギー反応を引き起こす「アスペルギルス」このカビへの対策とは?

  梅雨のというのは、カビが繁殖しやすい時期です。そのため、カビが原因となって...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る