カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 不妊治療のための病院の選び方の重要ポイントとは

妊娠・出産

不妊治療のための病院の選び方の重要ポイントとは

  

不妊かな?と病院に行こうと思った時、病院選びに迷ってしまいませんか?そんなあなたに上手な選び方を教えます。

 

■治療が高度になると治療費の差が大きくなる

初診からタイミング法までは保険適用なので基本的にどこも値段は変わりません。しかし、治療が人工受精や体外受精に進んだ場合、治療費は自費となり病院によって値段が異なります。治療途中で慌てて転院になるのは避けたいものですね。あらかじめ予算をふまえて病院を選びましょう。

 

■国公立、総合病院は安め・不妊専門クリニックは高め

自由診療の金額は各病院で個々に設定することができます。そのため、立地や設備投資、管理体制の充実をはかるためにどうしても個人の専門クリニックは高額になってしまうようです。都内のクリニックなど高額である場合が多いようですね。

 

病院のホームページに金額が書いてあることが多いので見てみましょう。また書いてある金額は「治療がスムーズに行った場合の金額」です。人によっては追加の薬やオプションとなる処置が必要になります。

 

■通える距離

いくら書いてある金額が安くても、通えなければ意味がありません。不妊治療では週に何度も、場合によっては毎日の通院もあります。どんなに安くても交通費がかかりすぎては意味がないですし、診療時間が限られている場合もあります。

 

総合病院などは平日午前中のみが多いですね。仕事をしている方はよくチェックしましょう。また二人目不妊の場合、預け先がなければ上の子も連れて行くことになります。筆者は二人目不妊の時、上の子を連れて行きやすい地元のかかりつけの産婦人科に通っていました。子連れで通える距離であるかも意識してみましょう

 

■支払い方法もチェック!

総合病院や一部のクリニックはカード払いが出来ます。家計の負担を少しでも減らすためにポイントをためられるところを選ぶのもいいですね!

 

最近はインターネットを利用することで費用や評判も簡単に調べることができます。上記を加味したうえで、自分がきちんと通える病院を選びましょうね。

(Photo by:pixabay

著者: みきっちんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

妻の妊活…自分は無関係だと思っていませんか?夫が考えるべき・できること

結婚して子供がほしくなると、今では妊娠・出産に向けて妊活を行うカップルが増え...

妊娠への強い思いが関係する!妊娠初期のような症状が起こる想像妊娠って何?

想像妊娠って聞いたことありますか?もしかしたら、犬を飼っている人やパンダに興味...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る