カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 費用・助成 >
  5. 保険がきく不妊治療があることを知っていますか?

妊娠・出産

保険がきく不妊治療があることを知っていますか?

不妊治療は高い…そう思って治療開始に躊躇していませんか?実は初期治療に行われる検査やタイミング法などは保険適用です。治療を早く始めれば、治療にかかる期間も短く、費用も低額となる可能性が高いのです。まずは保険がきく治療、きかない治療について整理してみましょう。

 

不妊治療が高い理由は、健康保険適用外のものが多いから

健康保険とは、「病気」と診断された症状を治療する場合にのみ適用されます。現在「不妊」そのものは病気とはみなされていません。 

 

「不妊の原因」は病気とみなされ保険適応

初診~タイミング法の検査は、病気を見つけるための検査なので、保険が適用されます。また検査で見つかった排卵障害や卵巣や子宮、精巣などの異常を治療する場合も、保険が適用されます。

 

例えば、排卵障害が認められて、タイミング療法の時に排卵誘発剤を使った治療を行う場合の、超音波検査や誘発剤に対しては保険が適用されます。

 

人工受精や体外受精は保険適用外

人工受精や、体外受精を目的とした超音波検査や排卵誘発剤、血液検査には保険がききません。よって、この周期に使う排卵誘発剤や採卵や移植などに行う全ての検査や薬が保険適用外とされます。

 

保険適用か曖昧な部分もある

健康保険の適用は、個々の医療機関に委ねられています。明らかに治療だったり、体外受精や人工授精など不妊と明らかにわかる場合は、保険の適用外ですが、どちらとも判断できる曖昧な治療の部分もあります。

 

保険適用で排卵障害から排卵誘発剤を使用したタイミング法を行っていたが急遽人工受精に…など。そういった場合は、医療機関に判断が委ねられていて、同じことをやっても病院によって保険が適用されるところとされないところもあるようです。

 

自費と一部負担では大きな違いですが、わからなければ聞いてみるのが一番ですね。

 

適用と適応外の治療まとめ

保険適用

不妊相談(初診、再診)

排卵誘発法

基礎体温確認

タイミング療法

基本ホルモン検査

超音波検査による排卵検査

 

保険適応外

人工授精

体外受精

顕微授精

 

不妊治療が初めてで、体外受精専門のクリニックに行くことがなければ、保険適用の検査や治療からスタートしていきます。なのであまり心配せずに一度受診してみる事をおすすめします。

(Photo by:pixabay 

著者: みきっちんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成に関する記事

しっかり調べよう!不妊治療の病院選びでかかるお金も変わってくる

 「不妊治療は高い」というイメージはありませんか?実際に体外受精まで進むとかな...

不妊治療って一体いくらかかるの?不妊検査や治療にかかる費用について

不妊治療に踏み出すために躊躇する一つの要因が、治療費と考えている人もいるかも...

費用・助成の体験談

不妊治療でかかったお金は医療費控除の対象!申請方法について

昨年から不妊治療を始めて領収書は取っておいたけどしまいっぱなしでした。 改めて計算してみると15万...

顕微授精の費用◇低刺激での誘発→採卵→移植

写真は毎朝のお散歩の一コマ。 このように晴れ渡る空の下でおにぎりを食べるってなこともしたくなる...

カラダノートひろば

費用・助成の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る