カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 不妊治療に漢方をとりいれる!そのメリットとデメリットは?

妊娠・出産

不妊治療に漢方をとりいれる!そのメリットとデメリットは?

漢方薬を煮出すイメージ

日本産婦人科学会では、妊娠を希望して夫婦生活を送っていても、2年以上赤ちゃんができない状態を、一般的に不妊と定義しています。

また、不妊に関する検査をして、何らかの障害や機能不全が明らかになったときにも、いわゆる不妊症と考えてよいでしょう。

 

いざ自分が不妊症と診断されたら、みなさんはどのように治療にとりくみますか?

多くの産婦人科では、人工授精→体外授精→顕微授精といった流れで治療に入っていきます。

 

しかしここで、漢方医学からのアプローチも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

不定愁訴(ふていしゅうそ)に強い漢方

漢方薬と、病院などで処方される西洋薬との違いは何でしょうか?

西洋薬は、効き目がひとつであることが大きな特徴です。

 

頭痛が起きた鎮痛薬、咳が出るときは咳止め、腹痛には整腸薬といった具合で用いられますね。

それに対して漢方薬は、複数の生薬を組み合わせてできているので、多様な症状に幅広く対応できるという特徴があります。

頭痛をとりのぞきつつ、身体をあたためて肩こりをしずめる葛根湯(かっこんとう)がそのよい例といえるでしょう。

 

こういった特徴から、原因がわからないがずっと調子が悪い、いわゆる不定愁訴は、漢方の得意とするフィールドです。

不妊症も、ピンポイントで原因のわかる場合は少なく、多くの人が原因不明の長い戦いに挑んでいるのが現状です。

そのため、漢方薬が不妊症にもたいへん有効といえます。

 

どこで処方してもらえる?

漢方薬は、患者さんの体質に合わせて処方する必要があります。

 

例えば、同じ腹痛をうったえている二人の患者さんに、同じ薬が処方される可能性は西洋薬に比べて低いです。

その腹痛が、からだが冷えていることに由来するのか、体熱がたまっていることに由来するかで、処方する漢方薬が違うからです。

 

そのため、専門の知識をもった医師や薬剤師に処方してもらわなければなりません。

漢方科を標榜している医院や、漢方を専門にあつかっている薬局をいちど訪ねてみましょう。

 

デメリットは?

いいことづくしのように見える漢方ですが、ひとつデメリットがあります。

それは、費用がかさむことです。

上記の漢方をあつかっている医院で処方してもらう場合は、保険がきくので負担は少ないのですが、薬局や保険診療外の漢方を処方される場合は、実費なので費用が大きくかかります。

 

漢方薬局では、一人ひとりに合わせた生薬を調剤してもらえますが、およそ一日分が600円程度、一カ月で18000円ほどかかります。

もちろん、西洋学的なアプローチとして、人工授精や体外授精を選択する場合でも費用がふくらむことは確かです。

 

経済的な事情と体調を考慮して、不妊症を克服していきたいですね。

 

(Photo by:足成

著者: frannygさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

二人でする妊活!妊娠しやすいセックスの方法とは!?

自力で妊娠するために日常生活の中でできる工夫は様々ですが、セックスもその一つで...

STD(性感染症)の影響で不妊症の原因に「卵管留水腫」について知ろう

STD(性感染症)を治療せずにほっておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になるとい...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る