カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 男性不妊 >
  5. 男性不妊の最終手段!非配偶者間人工授精について考えよう

妊娠・出産

男性不妊の最終手段!非配偶者間人工授精について考えよう

  

いくら子供が欲しくても、妊娠は卵子と精子が出会わなければ成立させることができません。もしも夫に精子がなかったら?ここでは、夫以外の精子を使う人工授精である、「非配偶者間人工授精」について考えていきます。

 

配偶者間人工授精と、非配偶者間人工授精

夫の精子を使う通常の人工授精を配偶者間人工授精(AIH)と言います。それに対して、夫以外の男性ドナーの精子を使って人工授精を行うことを非配偶者人工授精(AID)と言います。これは、男性不妊に対してできる限りの治療を行ったにも関わらず妊娠しなかったケースで、それでもどうしても子供が欲しいときの選択肢です。

 

夫が無精子症や、精巣から精子を回収しようとしたが精子が見つからなかった場合、何度も顕微授精を行ったにも関わらず妊娠しなくてAIDしか妊娠する可能性が事実上ない方などが条件です。

全国でも限られた病院でしか実施できません。

 

男性ドナーについて知ることはできない

精子提供者のプライバシー保護のため、匿名で精子提供を受けることになります。精子を提供されるときは感染症がないこと、精液の所見が正常であることなどが細かく検査されます。夫の血液型を考慮して選ばれることはあるようですが、AIDを希望する側が男性ドナーの身体的な特徴を選ぶことはできません。

 

AIDによって生まれてきた子供は法的にAIDを受けた夫婦の子供となり、戸籍上でAID実施が分かることもありません。AIDを受ける夫婦に限ったことではありませんが、AIDを受けるには、将来どんなことが起こっても最後まで育てる強い覚悟が必要です。

 

知る権利について 

生まれてきた子供に、AIDによって生まれてきたことを伝えるかどうかは夫婦の問題となります。しかし近年は、AIDによって生まれてきた人達自身がメンバーとなっている自助グループがあり、AIDによって生まれてきたことを知る権利についての議論が盛んになってきました。

 

 

不妊治療を行っていると、子供が欲しいあまりに子供自身の未来や気持ちまで考えられなくなるときがあります。しかし、妊娠と出産は子供の将来につながっていくため、いろいろなことが起こります。生まれてくる子供の気持ちを、常に忘れないでいたいものですね。 

(Photo by: https://pixabay.com/

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

男性不妊に関する記事

不妊の原因は女性だけではない!知っておきたい男性不妊症

晩婚化などの社会的な流れの影響は妊娠・出産の分野にも及んでいます。その典型例が...

男性不妊の多くの原因は「精索静脈瘤」!?自然妊娠も可能?精索静脈瘤と妊娠の関係とは

不妊の原因は、よく言われるのが女性にある原因です。 ですが、男性が不妊の原...

男性不妊の体験談

夫のおたまじゃくしちゃんが元気がないと分かって〜鎌倉・長谷寺〜

私たち夫婦は 夫:乏精子症(両側精索静脈瘤) 妻:両卵管閉鎖、AMHが0.83 で顕微授精の道...

高血圧と不妊症の関係

我が家には高血圧管理手帳というものがあります。血圧というのは毎朝おきてすぐに立ち上がったりせずにはか...

カラダノートひろば

男性不妊の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る