カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. 腸内細菌の減少がアレルギーに

アレルギー

腸内細菌の減少がアレルギーに

 

■現代人の腸内には本来いるはずの様々な細菌が年々少なくなってしまっています。

 

乳酸菌ビフィズス菌など見直されてきていますが、まだまだ細菌と言えばバイ菌ということで健康に有害な物であり、健康のために腸内の細菌を殺すという考え方が残っています。

人が健康志向になればなるほど、腸内細菌が減ってしまうのです。

腸内細菌が減少してしまえば、腸で食物を分解する働きが衰え、未消化の食物がそのまま吸収されてしまうことになります。
それが体内に異物として認識され、拒絶反応が起こるのがアレルギーなのです。


アレルギーを起こさないためには、腸内細菌を増やし、本来の消化吸収機能を取り戻す事が必要です。

 


腸内細菌の増やし方


乳酸菌を積極的に摂取する
ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など


善玉菌が増える腸内環境を整えるための食べ物を積極的に摂取
オリゴ糖、糖アルコール、水溶性食物繊維


■腸内環境を整えるために乳酸菌などいわゆる善玉菌を直接摂取する健康法は今や広く知られています。
中には、胃液でも死滅せず生きたまま腸に届く乳酸菌などが開発販売されています。

しかし、何も、腸まで生きたまま乳酸菌を届ける必要はありません。

例え死骸でも腸内に乳酸菌が届けば、その分善玉菌が増えるための環境が整い、オリゴ糖や食物繊維、糖アルコールなどの餌を摂取することで腸内細菌を増やすことは十分にできるのです。

腸内細菌を増やすことに成功すれば、腸の消化吸収機能が取り戻せ、食物を充分に分解吸収するので、アレルギーになる心配は無くなります。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/01/31-375835.php)

著者: あゆみさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

カビによるアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療法と予防

  アスペルギルスというカビ(真菌)が原因の病気である、アレルギー性気管支...

梅雨の時期に気をつけたい洗濯槽のカビ対策!普段からこれに気を付けて!

  梅雨の時期は、家の中がジメジメしているし、窓を開けても外もじめじめして、湿...


特に梅雨の洗濯槽はカビの危険がいっぱい!どんなカビがいるの?対策って必要?

  湿気の多い場所を好むカビは、梅雨の時期に勢力を増します。そのため家の中でも...

黄砂はアレルゲンではない?!黄砂アレルギーの原因と予防

    黄砂アレルギーと言っても、「黄砂」自体は原因となるアレルギー物質では...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る