カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 離乳食 >
  4. どうしよう離乳食…。はたらくママのための時短テクニック!

育児・子供の病気

どうしよう離乳食…。はたらくママのための時短テクニック!

離乳食って、正直とてもめんどうくさいですよね。

すりおろしたり、裏ごししたり…。

 

今回は、はたらくママのための、時短テクニックをご紹介いたします!

もちろん、はたいていないママも、これを参考に時短にチャレンジしてみてください。

 

1.おかゆ、軟飯など主食は冷凍保存

主食であるご飯・おかゆですが、食べる量はほんの少しですよね。

この際、大量に作って小分けにして冷凍してしまいましょう!

 

炊飯器で1合ほどのおかゆ・軟飯を炊きます。

100均などで売っている製氷皿におかゆ・軟飯を流し込みます。

あとは冷凍して、ジップロックなどの密封容器におかゆブロックをストックします。

一つのマスあたり、5gになるよう計量すると、解凍して出すときに便利です。

 

また、製氷皿はフタ付のものがおすすめです。

解凍は何ブロックかをおわんに入れ、電子レンジでOKです。

熱くなりすぎないよう、加熱しすぎに注意してくださいね。

 

2.炊飯器で野菜もいっしょに炊いちゃおう!

離乳食に出す野菜は、くたくたになるまでやわらかく煮なければいけないですよね。

圧力鍋などを持っていたら便利ですが、ラップに包んで電子レンジ加熱や鍋でコトコト煮る方法では、とても時間がかかってしまいます。

そこで、ご飯を炊くときに、いっしょに野菜も入れて炊いてしまいましょう!

 

方法はふつうに、炊飯器に分量の米と水を入れ、いつもの炊飯と同じ準備をします。

その上にアルミホイルで包んだ野菜(ニンジン、大根など)を入れます。

スイッチオンで終わり!

 

根菜類もやわらかくふっくら炊きあがりますよ。

あとは離乳食の進み具合に応じて、つぶしたり、裏ごししたりしてください。

 

3.味付けソースは冷凍ストックしよう!

離乳食が進んでくると、少し味付けした方が赤ちゃんが食べてくれますよね。

でも、大人と同じ味付けは濃すぎるので、別で作る必要があります。

一食ずつ作っているととても手間なので、味付けソースも冷凍保存してしまいましょう!

 

たとえば、おだし。かつおや昆布からとっただしを、製氷皿で冷凍しましょう。

だしを多めに作って、一部は赤ちゃんの冷凍用、残った分は大人の煮ものや味噌汁に活用してもよいですね。

 

また、トマトソースやホワイトソースを作っておいて冷凍しておくのもおすすめです。

麺類にかけてトマトスパゲッティやクリームスパゲッティ、ご飯にかけてトマトリゾットやクリームリゾット、野菜を加えるとトマトスープ、クリームスープにもなります。

それだけで離乳食のレパートリーが広がりますね!

 

大量に作って冷凍するのは手間がかかりますが、お仕事が休みの時にまとめてやってしまいましょう。

 

ほんの少しの離乳食を一食一食作るのは、働いているいないにかかわらず、多くのママが面倒だと感じるのではないでしょうか。

 

冷凍保存をうまく活用して、離乳食期を乗り越えましょう!

また、冷凍保存したものは2、3週間を目安に食べきってしまいましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

離乳食に関する記事

夏の離乳食におすすめ!暑さに負けないレシピ5つをご紹介!

暑い夏は、食欲が落ちてしまいがちですね。 それは、赤ちゃんもおなじです。   ...

時短できる?!大人メニューといっしょに作れる夏の離乳食!

まだ大人と同じものを食べられない離乳食期ですが、大人のメニューをとり分けて作れ...

離乳食の体験談

離乳食☆手づかみ食べにおススメなのはこれ!

我が家の三女、ただいま11カ月! 自分で食べたい!つかみたい!という気持ちが強くなってきました...

フレンチトーストでアレルギーが出てびっくり!

息子が9ヶ月くらいのときの離乳食で、フレンチトーストを作ってあげたことがあります。 もう全卵も大丈...

カラダノートひろば

離乳食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る