カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 離乳食 >
  4. 時短できる?!大人メニューといっしょに作れる夏の離乳食!

育児・子供の病気

時短できる?!大人メニューといっしょに作れる夏の離乳食!

まだ大人と同じものを食べられない離乳食期ですが、大人のメニューをとり分けて作れたら、毎日の献立がとっても楽になると思いませんか?

 

大人メニューと一緒に作れる、夏の離乳食レシピをご紹介いたします。

 

1.豆腐サラダ

夏にさっぱりした豆腐サラダは、食が進みますよね。

大人用にはレタス、キュウリ、トマト、そして豆腐を皿に盛り、かつお節とポン酢やドレッシングでどうぞ。

 

赤ちゃん用には豆腐を湯通しして、トマトを湯むきしたあと裏ごしし、味付けはなしかかつお節のだしを少しかけるとよいかもしれません。

豆腐を湯通しする際に、一緒にかつおだしをとると時短になります。

トマトの湯むき・裏ごしが面倒な場合、トマトをそのままおろし金でおろしてしまいましょう。

 

2.ガスパチョ

ガスパチョとは、トマトベースの野菜がたーっぷり入った冷製スープです。

火を使わずに作れるので、暑い夏の調理にもってこいですね。

大人用も赤ちゃん用も共通ですが、離乳食の進み具合に応じて、除外する具材もあるかもしれません。

 

トマト・パプリカ(赤がおすすめ)・玉ねぎ・キュウリ・にんにくをすべてフードプロセッサーやミキサーに入れなめらかにする。

レモン汁・塩で味付けをし、オリーブオイルを少したらす。

スープボウルにパンを入れ、スープを注いでよく冷やせば出来上がり。

仕上げにパセリを散らしてもおしゃれです。

 

赤ちゃん用にニンニクや玉ねぎを除いた場合は、おろし金ですったものを大人用に加えましょう。

また、赤ちゃん用は味付けなしで十分おいしいと思います。

 

3.カレー

夏の定番、そして手抜き料理の定番のカレーですが、離乳食にカレー!?と思う方も多いかと思います。

離乳食にとりわけもできるので、ぜひお試しください。

 

大人のカレーを普通に作り、赤ちゃん用に具材だけを取り出す。

取り出した具材についたカレーを少し洗い流す。

具材をミキサーなどでペースト状にすれば、すこーしだけカレー風味のついた煮物の出来上がりです。

 

離乳食後期の場合は、カレーをほんの少しに対して野菜ジュースでのばすとお子様でも辛くなく食べられます。

具材も水洗いせずに食べられるかと思います。

大人の方が辛口カレーの場合は、洗い流してもやめておいた方がいいかもしれません。

甘口カレー限定でとりわけましょう。

 

夏はキッチンに立つのも暑くて嫌になりますよね。

上手に大人メニューから取り分けて、なるべく火を使う時間を減らしたいものです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

離乳食に関する記事

おいしいものがたくさん!旬の夏野菜でつくる離乳食をおためしあれ!

夏に旬をむかえる野菜。 あなたは、どれくらいご存知でしょうか?   なす・きゅ...

夏の離乳食におすすめ!暑さに負けないレシピ5つをご紹介!

暑い夏は、食欲が落ちてしまいがちですね。 それは、赤ちゃんもおなじです。   ...

離乳食の体験談

1歳1か月。今日のお昼ご飯。鶏団子スープの作り方

写真が暗くて分かりづらくてすみません>< うちの娘は、卵アレルギー・大豆アレルギーなので食...

一進一退の離乳食

現在8ヶ月に入り、離乳食を始めて3ヶ月が経ちました。 とは言っても、長引く下痢に悩まされたこともあ...

カラダノートひろば

離乳食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る